オススメ記事 自己破産ランキング

自己破産後に生活保護を受けることは可能なのか?

更新日:

借金返済ができずに自己破産する人は少なくないですが、自己破産後に生活費が工面できなくなって生活保護を受けたいというひとも珍しくないです。

やはり自己破産は収入がなくて借金返済ができないために行う場合が多いので、自己破産してもその後の生活が成り立たないので、生活保護を受けたいと思う人が多いのも当然のことです。

しかし意外と多いのが、自己破産すると生活保護を受けられないと思っているという人です。

実際に自己破産すると生活保護を受けることはできないのでしょうか?

自己破産後に生活保護は可能!

自己破産後に生活保護は可能画像

自己破産後の生活を工面するのに苦労してしまって生活保護を受けたいと思って人は安心して大丈夫です。

基本的に自己破産と生活保護は制度として独立しているものなので、自己破産をしていても生活保護を受けられないということはないです。

つまり自己破産後でも生活保護の要件を満たしていれば普通に生活保護を受けることができるということです。

生活保護の受給が認められる要件は「収入が最低生活費を下回っていること」なので自己破産して収入がないような状況ならむしろ生活保護が認められる可能性は高くなるのではないかと考えます。

もし自己破産後に生活保護を申請するつもりなら、自己破産を申請する際や、弁護士事務所の無料相談などで生活保護が可能かどうか話を聞いてみてはどうでしょうか。

自己破産についての詳細は下記からご覧ください。

参照:自己破産のメリットとデメリットについて

借金があると生活保護申請を拒否される可能性がある

生活保護申請はむしろ自己破産して借金を帳消しにしてから行ったほうがいいとも言えます。

借金があることと生活保護は一見関係ないように思われます。というかむしろ借金があったほうが生活が苦しいので生活保護が認められやすいのではと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際には借金があると生活保護が申請が認められないケースがあります。

生活保護は最低限の生活を保護するものなので、生活保護費が借金返済に使われる可能性がある場合には申請が拒否される可能性があるということです。

まあ、無理もないですよね。多額の借金がある状態で生活保護の申請が可能な場合だと、悪徳業者が生活保護費を借金返済名目でせしめていく可能性がありますからね。

そのため借金がある場合には、先に債務整理などを行って借金をなくしてから生活保護を申請することが求められます。

生活保護費で借金返済するとどうなる?

生活保護費で借金返済するとどうなる?画像

生活保護が認められたあとに借金ができてしまったり、生活保護の前に多少の借金があって、それを返済できなくて、生活保護費を借金返済にあててしまう人もいます。

借金返済で困っていて、お金があったらそれを返済に使ってしまうこともありえますが、これはマズイです。

上記でも記載していますが、生活保護費は生活を保護するもので借金返済のためのものではないです。

そのため場合によっては生活保護費をストップされてしまう可能性があります。

もし生活保護中に借金ができてしまって返済ができないような状況なら、早めに債務整理に対応している弁護士に相談するようにしましょう。

自己破産後の生活保護の申請方法とは?

自己破産後の生活保護の申請方法画像

自己破産後に生活保護を受ける人は珍しくはないです。

基本的に自己破産は債務整理に対応している弁護士事務所に依頼して行うことになります。

そして生活保護の申請は住んでいる地元の自治体にある福祉事務所で行うことになります。

申請方法自体は難しいものではなく、福祉事務所に相談しに行って、必要書類を記入しその後調査が行われて、生活保護の申請が認められるか決定されるという流れになります。

つまり生活保護は申請してすぐに申請が認められるわけではないので、多少の期間が必要になってくるということを理解しておきましょう。

また自己破産する場合でも、すぐに自己破産が認められて借金が帳消しになるわけではなく、借金が帳消しになる免責が認められるには最低でも3ヶ月から半年くらいは必要だと思ったほうがいいです。

自己破産や生活保護の相談は早めに!

上記のように自己破産や生活保護の申請が認められるにはある程度の期間が必要になってくるので、あまりギリギリまで我慢していると、申請後に自己破産や生活保護が認められるまでの生活費が工面できなくなる可能性があります。

自己破産を申請すれば、借金の取立はストップしますが、生活費がそれで支給されるわけではないので、自分で何とかする必要があるということです。

そのため借金の返済が難しいと思ったらできるだけ早めに債務整理に慣れている弁護士などに相談することが大事になってきます。

当サイトでの載せている債務整理対応の法律事務所は自己破産を含めた借金問題について無料相談を行っているところのみを載せているので、まずは無料相談を利用してはどうでしょうか。

債務整理対応の弁護士に自己破産と生活保護の相談

債務整理対応の弁護士に自己破産と生活保護の相談画像

債務整理の自己破産を検討している人はまずは債務整理に対応している弁護士に自己破産の手続きの依頼をすることになります。

その後、生活保護を検討しているが、認められるか不安な場合には、その前に法律事務所の無料相談を利用して自己破産後に生活保護申請が可能かどうか相談してみるといいと思います。

自己破産後に生活保護申請する人は珍しいことではないので、債務整理に慣れている弁護士なら的確なアドバイスをしてくれると思います。

場合によっては生活保護申請が認められるまで面倒を見てくれる可能性もあります。

まあ、このあたりは法律事務所によって違ってくるので一概には判断できないですが、自己破産後の生活保護申請については相談してみるといいです。

当サイトでは自己破産を含めた債務整理の無料相談を行っている法律事務所を複数載せているのでよかったら参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-オススメ記事, 自己破産ランキング

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.