個人再生はどこがいい?無料相談対応おすすめ弁護士比較

個人再生を利用する場合にどこがいいのか悩んでいる場合には下記にピックアップしている弁護士事務所の利用を検討するのいいかと思います。

下記で比較している法律事務所は個人再生手続きに慣れているのはもちろんですが、無料相談にも対応しているという特徴もあります。

個人再生おすすめ法律事務所比較

個人再生を検討しているけど、どこがいいのか悩んでいるなら無料相談に対応している下記の法律事務所に一度相談してみるといいと思います。

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス 弁護士法人弁護士法人アドバンス評価レーダーチャート
費用 対応地域 特徴
着手金:20万円~
報酬金:20万円~
住宅資金特別条項は別途10万円
全国対応 LINEのようなチャットタイプの無料相談

弁護士法人アドバンスは債務整理を含めた個人案件だけでなく法人の借金案件なども取り扱っている高度な借金問題も解決している法律事務所です。

個人の債務整理案件で評判の高い事務所で、月間相談実績は500件を超えているので借金相談や債務整理に慣れており、これまで多くの借金苦や借金地獄の人を助けてきた実績があります。

また、債務整理費用の全体的に他の弁護士事務所よりも安く設定されており、単純にコスパも良いと感じます。

さらに弁護士法人アドバンスではLINEのチャットのようなリアルタイムでの借金無料相談を行っており、匿名で相談回数制限なしで無料相談を行っています。下記の公式サイトで相談を行っているのでご覧ください。

弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所 弁護士法人ひばり法律事務所評価レーダーチャート
費用 対応地域 特徴
着手金:300,000円
報酬金:200,000円
諸経費:債権者1件あたり 5,000円
全国対応 代表弁護士は東大卒でキャリア25年

弁護士法人ひばり法律事務所は個人再生や自己破産に強みがあり力を入れている弁護士事務所で、経験が豊富ということで依頼者が多いので、個人再生におすすめの事務所です。

弁護士法人ひばり法律事務所の代表弁護士は東大卒のキャリア25年のベテラン弁護士ということもあり、個人再生のような複雑な債務整理方法にも慣れていることから安心して依頼できる法律事務所の一つだと考えます。

また、弁護士法人ひばり法律事務所では地方出張にも対応しているので、近場に法律事務所がない場合は特に重宝するのではないかと思います。

下記の公式サイトに弁護士法人ひばり法律事務所の無料相談が利用できる相談フォームがあるので気軽に利用してください。ちなみに相談は匿名でも可能なので借金で困っているなら利用してみてください。

弁護士法人響

弁護士法人響 弁護士法人響レーダーチャート
費用 対応地域 特徴
住宅ローン特則なし
着手金:¥300,000(税抜)~
報酬金:¥200,000(税抜)~
住宅ローン特則あり
着手金:¥300,000(税抜)~
報酬金:¥300,000(税抜)~
全国対応 無料の借金減額診断あり

弁護士法人響は個人再生を含めた債務整理手続きに対応している弁護士事務所で、手続き経験も豊富で相談候補に入れたい事務所です。

弁護士法人響は全国対応で債務整理に対応しており、初期費用0円分割払いなど依頼費用の支払い方法にも柔軟に対応しているので、個人再生のような高額な債務整理方法でも負担なく対応することができると思います。

個人再生は手続き期間が長いので、弁護士法人響のような有名事務所を利用するのは安心感があると思います。

また弁護士法人響は個人再生を含めた借金減額診断も行っているので、スマホやパソコンから気軽に借金の減額幅を知ることができます。減額診断は無料で匿名利用することができるので、興味があるなら下記を御覧ください。

弁護士法人東京ロータス法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所 弁護士法人東京ロータス法律事務所レーダーチャート
費用 対応地域 特徴
着手金:30万円
報酬金:30万円
その他諸経費
全国対応 無料相談回数制限なし・相談実績が1万件以上

弁護士法人東京ロータス法律事務所は経験豊富な弁護士事務所で、相談実績が1万件を超えてくる債務整理や借金相談に慣れている弁護士事務所です。

東京ロータス法律事務所は借金問題に強い法律事務所で、経験豊富なことから個人再生のような複雑な債務整理方法を依頼する場合には安心感があります。

また、東京ロータス法律事務所は無料相談が利用しやすく、本人の借金はもちろんですが、家族からの借金相談も受け付けています。

さらに家族や会社に内緒で債務整理手続きをしてくれるので、秘密の借金がある場合には一度相談してみるといいと思います。

まずは下記の公式サイトから気軽にメールや電話で相談してはどうでしょうか。

個人再生とは何か?

個人再生とは

個人再生は裁判所を通して行う債務整理方法で、借金減額幅が大きく、任意整理と自己破産の中間のような債務整理方法になります。

借金返済ができなくなった方が裁判所に手続きを申し立てて、そこから債権者と債務者の意見を聞いて、再生計画案を策定し、それが認可されると計画案に沿って原則3年間(最長5年間)で返済していくことになります。

裁判所で手続きを行う債務整理ということもあり、非常に手続きが複雑で時間がかかるという特徴があります。

また住宅ローン特則という制度があり、この制度を利用すると住宅ローンを債務整理対象から外して手続きすることができるので、家を残しながら大幅に借金減額できるという特徴があります。

個人再生のメリットとデメリットを比較

個人再生のメリットとデメリット

個人再生を利用する場合に簡単に個人再生のメリットとデメリットをまとめてみました。個人再生を利用する場合の参考になるかと思います。

個人再生のメリット・デメリット
メリット デメリット
・借金が原則5分の1に減額される

・家や車を手放す必要がない

・借金の理由が問われない

・職業による利用制限がない

・給料などの差し押さえが中止

・手続きが複雑で難しい

・手続きに時間が必要

・ローンが組めない期間が生じる

・住所や氏名が官報に掲載される

個人再生の大きな特徴は、減額率が任意整理より高く、自己破産より低いが、適用条件が自己破産よりも楽というメリットがあります。

中でも家を残せるというのは非常に大きなメリットだと思います。

借金問題を解決したいと思っていても、せっかく購入したマイホームを手放したくないと感じている人は多いと思います。

他にも浪費やギャンブルなどによる借金も個人再生で減額することができます

デメリットとしては借金が0円にならないことや、手続きが複雑なので、弁護士などの専門家に任せる必要があるということだと思います。

下記から個人再生の詳しいメリットやデメリットを知ることができるので参考にしてください。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

個人再生と任意整理の違い

個人再生任意整理違い

個人再生を利用する場合に任意整理と何が違うのかということはよく比較されます。任意整理は利用者が一番多い債務整理方法というのが大きな理由だと思います。

個人再生と任意整理の違い
比較対象
個人再生 任意整理
依頼料金 50万円以上が相場 1社あたり5万円が相場
手続き期間 6ヵ月以上くらい 3ヵ月くらい
借金減額幅 最大10分の1まで借金が減額 利息のカットなど
債務整理対象 基本的に全ての借金 こちらで債務整理対象を選べる

依頼料金は個人再生は40万円以上くらいが相場で、任意整理の場合は債権者の数によって依頼料金が変わってくるので、そもそもの料金体系が全く違います

手続き期間は個人再生は裁判所で手続きを行うということや、手続きが複雑なので、弁護士に依頼しても6ヵ月以上くらいはかかると思います。

借金の減額幅は個人再生の方が圧倒的に大きいです。個人再生は元本から減らすことができますが、任意整理の場合は利息のカットや返済期間の延長によって返済負担を軽くするのが主な目的になります。

債務整理対象では個人再生は住宅ローン特則を利用しなければ全ての借金が対象で、任意整理は自分で任意に債務整理対象を選べるという自由さがあります。

個人再生と自己破産の違い

個人再生自己破産違い

個人再生と自己破産を比較する人も多く、自己破産は有名な債務整理方法ということもあり、他の債務整理方法と比較する場合には比較される債務整理方法です。

個人再生と任意整理の違い
比較対象
個人再生 自己破産
依頼料金 50万円以上が相場 40万円以上が相場
手続き期間 6ヵ月以上くらい 6ヵ月くらい
借金減額幅 最大10分の1まで借金が減額 借金返済の義務がなくなる
債務整理対象 基本的に全ての借金 全ての借金
借金理由
問われない 借金理由次第では利用不可

個人再生と自己破産はどちらも裁判所で手続きを行う債務整理方法ということもあり、手続き期間や依頼料金の相場は似通った部分があります。

ただ個人再生と自己破産では借金の減額幅では大きな違いがあり、個人再生も借金減額幅が大きいですが、自己破産の場合は借金返済の義務がなくなるので事実上借金がゼロになります。

債務整理対象では個人再生の場合は住宅ローン特則を利用すれば家を残せますが、自己破産だと全てが債務整理対象になり、家や車を残すことはできないです。

また個人再生は借金理由を問われずに利用できますが、自己破産の場合はギャンブルや投資などの借金理由では、裁判所が免責を認めず利用できない可能性があります。

個人再生の料金や費用相場

個人再生の料金や費用相場について

個人再生は任意整理よりも借金の減額率が高い債務整理方法なので、借金額が多い人にオススメの債務整理方法になります。

そのため結構良い債務整理方法なのではないかと感じるかもしれないですが、手続きが複雑なので、弁護士に依頼する必要があり、手続きの複雑さから費用や料金が高いです。

基本的には個人再生は自己破産と同じくらいの料金だと思っていいと思います。

個人再生の平均的な費用相場は40万円から60万円くらいだとされています。

当サイトで載せている個人再生のオススメ法律事務所はこれらの平均的な費用相場に当てはまる法律事務所なので参考にしてください。

また下記では個人再生の費用や料金について詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

個人再生の費用相場を比較してみた
個人再生の費用相場を比較してみた

個人再生は債務整理の中でも色々なメリットがある手続き方法なので、利用を検討している人も多いかと思われます。 個人再生はは優秀な債務整理方法ですが、手続きが難しく煩雑だというデメリットがあるので、行う場 ...

個人再生のQ&A(よくある質問)

個人再生を利用する場合によくある質問についてQ&A形式でまとめているので参考にしてください。

どんな人に適していますか?

個人再生は借金の元本を大きく減らすことができますが、自己破産のように全て借金がなくなるわけではないので継続的な収入がある人向けです。

また住宅ローンを除く借金総額が5000万円以上だと利用できないという制限があるので、この制限に引っかからないことも大事です。

さらに家を残しながら借金を減らせるということもあり、生活環境をできるだけ変えずに借金を大きく減らしたい人には特におすすめです。


パート・アルバイトでも利用できますか?

個人再生は職業制限はないので、パートやアルバイトでも普通に利用することはできます。ただ勤続年数や収入額によっては利用できない場合もあります。

短期アルバイトなどで、継続的な収入がない場合は個人再生の利用を断られる可能性があります。


ギャンブルや株・FXの借金でも利用できる?

個人再生は借金理由が問われない債務整理方法なので、ギャンブルによる借金や株やFXなどの投資による借金も債務整理できます。

他にも浪費による借金も減額可能で、離婚の慰謝料なども減額できる可能性があります。

個人再生に強い法律事務所の選び方

個人再生に強い法律事務所の選び方

個人再生は手続きが複雑で失敗する可能性がある債務整理方法なので、しっかりとした弁護士選びが重要になってきます。

では具体的にどのような事務所を選ぶといいのでしょうか?

個人再生の弁護士選びのポイント

  • 司法書士ではなく弁護士を選ぶ
  • 相談実績が豊富な事務所を選ぶ
  • 全国対応の事務所を選ぶ
  • 支払い方法に柔軟に対応してくれる

司法書士ではなく弁護士を選ぶ

個人再生を利用する場合には司法書士ではなく弁護士事務所を選ぶようにしましょう。

司法書士事務所も個人再生をおこなっている事務所がありますが、司法書士では裁判所での手続きに対応できないので、手続きに関して制限が生じます

また司法書士だと裁判所へ支払う手続き料金も高額になり、手続き面と料金面のどちらでもデメリットが生じます。

個人再生のような手続きが複雑な債務整理方法は、裁判所での手続きにも対応できる弁護士に任せるのがベストです。

相談実績が豊富な事務所を選ぶ

個人再生の経験や実績が豊富な事務所を選ぶ場合に、個人再生そのものの手続き実績を公開している事務所はほとんどないです。

そのため借金問題の相談実績が豊富な事務所を選ぶと良いです。

相談実績が豊富ということは、それだけその事務所に借金相談をする人が多い人気事務所ということです。そのため個人再生を利用する人も多く、経験や実績が豊富な弁護士に依頼することができるということになります。

相談実績なら公式サイトなどで公開している事務所もあるので探しやすいと思います。

全国対応の事務所を選ぶ

手っ取り早く個人再生に慣れている弁護士を探すなら全国対応で債務整理手続きを行っている事務所を選ぶのが良いです。

全国対応で債務整理を行っているということは、それだけ債務整理案件に力を入れているということなので、個人再生にも慣れている可能性が高いです。

また全国から依頼を受け付けているということは、多くの依頼にも対応できる手続きスピードと慣れがあるということなので、安心して個人再生を任せることができます。

支払い方法に柔軟に対応してくれる

個人再生は依頼料金が比較的高額なので、依頼料金の支払いに方法に柔軟に対応してくれる事務所を選ぶことも重要です。

個人再生などの債務整理手続きに慣れている事務所だと、依頼人にお金がないことは把握しているので、依頼料金の支払い負担が軽くなるように、後払い分割払いに対応している事務所が多いです。

そのため無料相談であらかじめ依頼料金の支払いについて相談して、柔軟に対応してくれる事務所を利用するといいです。

個人再生はどこがいいのか?まとめ

個人再生どこがいい

個人再生を利用して借金を整理する場合には弁護士事務所選ぶは重要になってきます。

単純に依頼料金が安い事務所を選ぶ方もいますが、依頼料金が安くても手続きに失敗されたら意味がないので、まずは手続きを成功させてくれるだけでの実績や経験がある事務所を選ぶことが重要になってきます。

こうした経験豊富な事務所の中から依頼料金が安い事務所を選ぶということなら問題ないと思います。

個人再生は手続きに半年くらいは必要になってくる長丁場になる債務整理方法です。そのためしっかりと信頼できる事務所を選ぶことが重要になってきます。

当サイトでは個人再生に強くて慣れている弁護士事務所を比較しているので参考にしてください。

個人再生が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県
個人再生の住宅ローン特則で自宅を残せる

2019/12/13

個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)で持ち家を残せる

個人再生を利用しようと思っている人の中には住宅ローン返済で困っている人も多いのではないでしょうか。 住宅ローンが払えなくなってしまって債務整理を検討する人は結構多いです。 住宅ローンの返済が滞ると、通常は住宅に抵当権が設定されているので、最終的には抵当権が実行され住宅が競売に掛けられてしまいます。 抵当権は結構強い権利で別除権という抵当権の目的となっている財産から他の債権者に先立って弁済を受けることができる権利になっており、原則としてはこういった債務整理の各種手続きの制約を受けずに抵当権の実行が可能です。 ...

2019/12/4

給与所得者等再生のメリット・デメリット【借金問題解決】

債務整理には個人再生があり、さらにその中に小規模個人再生があります。 さらにその中に給与所得者等再生という債務整理方法があります。 ではこの給与所得者等再生とはどのような借金整理方法でどのように借金返済していく方法なのでしょうか。 給与所得者等再生を利用できる人には制限があるので、それを満たした人だけが給与所得者等再生という債務整理方法利用できます。 給与所得者等再生の利用条件 小規模個人再生の概要要件(住宅ローン等の被担保債権を除く負債が5000万円を超えない等)の条件が該当する人のうち、給与または給与 ...

2019/11/23

個人再生の最低弁済額と清算価値をわかりやすく解説

個人再生を利用すると借金を元本から大幅に減額することができますが、それでも全ての借金がなくなるというわけではないです。 個人再生には最低でも弁済する必要がある金額がある程度決まっており、その基準額が最低弁済額になります。 個人再生にには「最低弁済額基準」「清算価値保障原則」「可処分所得」という3つの要件があり、まずはこれらを簡単に解説しようと思います。 個人再生の借金の減額幅はこれらの基準によって違ってくるので、個人再生でどの程度の借金が減るのか知るためにはこの3つの基準を理解する必要があります。 個人再 ...

個人再生とは

2018/12/31

個人再生とは?手続きの流れをわかりやすく解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債務整理方法なのでしょうか。 個人再生は簡単に説明すると裁判所で手続きして借金を減額してもらうという手続き方法で、民事再生は企業が行いますが、個人再生は一般人が利用できる手続き方法になります。 個人再生とは個人を対象にした再生手続き 民事再生法と聞くとなんとなく企業が行うというイメージが強いと思います。 しかし ...

小規模個人再生と給与所得者等再生の違いと選び方画像

2018/7/1

小規模個人再生と給与所得者等再生の違いと選び方

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生があります。 小規模個人再生と給与所得者等再生はどちらも優れた個人再生の債務整理方法ですが、どちらを選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで小規模個人再生と給与所得者等再生を比較した場合にどっちがいいのか簡単に違いを比較して紹介してみようと思います。 そもそも個人再生を利用する人は小規模個人再生と給与所得者等再生のどちらを利用するのが一般的なのでしょうか? 個人再生の利用者のほとんどは小規模個人再生 個人再生をする場合に多くの人が思 ...

個人再生の費用相場を比較してみた

2018/7/1

個人再生の費用相場を比較してみた

個人再生は債務整理の中でも色々なメリットがある手続き方法なので、利用を検討している人も多いかと思われます。 個人再生はは優秀な債務整理方法ですが、手続きが難しく煩雑だというデメリットがあるので、行う場合には弁護士に依頼して行うのが通常になります。 ただ弁護士に個人再生をお願いする場合に気になるのが、個人再生の費用相場だと思います。 債務整理全般に言えることですが、お金がないから債務整理するので、その際にどれくらいの費用相場なのか知ることは非常に大事です。 特に個人再生の場合には個人でやるのは無理な債務整理 ...

© 2020 債務整理おすすめ弁護士・司法書士比較【2020年最新】 Powered by AFFINGER5