cropped-saimuseriihikaku2.png

借金問題は債務整理によって法律で解決することはご存知ですか?

・借金の返済が滞っている

・借金返済のメドが立たない

・収入が減って返済が難しい

・借金返済の相談ができる人がいない

・借金救済の制度がわからない

このような借金問題で悩んでいるなら債務整理を検討するといいと思います。

借金は債務整理によって減額したり帳消しできます!

債務整理は借金返済で困っている人を救済するための法的な手段になります。

債務整理と言っても色々な方法があり、借金の状況も人によって違うので自分に合った債務整理を選択して、借金問題を解決することができます。

債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理の方法にはいくつかの種類があります。債務整理と一口に言っても複数の種類があるので、債務整理をする際にはあなたに合った債務整理方法を選択して行う必要があります。

借金が一定金額以上になってくると、金利の支払いに追われてしまって借金返済のための借金を繰り返すという状況になりがちになってしまいます。

こうってしまうと借金の自転車操業になってしまいます。

こういった状況から脱出するためには債務整理で借金を整理していく必要があります。

そんな借金返済には必須な債務整理ですが、具体的にはどのような方法があり、どのような債務整理の種類があるのでしょうか。

債務整理には主に「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」があります。

それぞれの債務整理方法の詳細は下記を参考にしてください。

任意整理による債務整理方法

任意整理による債務整理方法は、比較的借金が少ない場合などに、裁判所などの公的機関を通さずに、私的に債務を整理していこうというものになります。

債務者の支払い能力等に応じて債務を減額して一括弁済あるいは分割弁済で支払うという方法になります。弁護士に頼むのが良いです。

毎月一定額の収入があって、月々の返済額さえ減らすことができれば自力で返済が可能なような人に向いている返済方法になります。

参照:任意整理の詳細情報はこちら

任意整理のメリット 任意整理のデメリット
・裁判所を通さずに行える

・債務整理する借金を選べる

・借金の理由が問われない

・会社や家族にバレない

・借金の取立がストップする

・ローンが組めない期間が生じる

・借金が大幅に減ることはない

・返済にある程度の収入が必要

・弁護士の交渉力が必要

・和解が稀に成立しないことがある

特定調停(民事調停)による債務整理方法

特定調停(民事調停)による債務整理方法は、借金があまり多くない場合の借金整理の方法になっており、簡易裁判所に調停を申し立てて行います。

調停医院は利息制限法の金利に引き直して調停案が出されて双方が合意することによって調停が成立し、減額した額を弁済していくことになります。

簡易裁判所への調停申し立てを行うということで、こちらも弁護士に頼むようにすると良いです。

参照:特定調停の詳細情報

特定調停のメリット 特定調停のデメリット
・弁護士に依頼しなくても可能

・費用が安い

・借金の理由が問われない

・裁判所が手続き方法を指南

・会社や家族にバレない

・手続きが複雑で面倒

・裁判所に何度も行く必要がある

・借金があまり減らない可能性がある

・ローンが組めない期間が生じる

・合意できない可能性がある

個人再生(民事再生)による債務整理方法

個人再生(民事再生)による債務整理方法は、地方裁判所の認可によって減額された一定額を弁済する方法で、住宅ローンなどがあっても住宅を失うことなく再生が出来るという方法になります。

不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人や、自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人が対象になります。

こちらも裁判所の認可が必要になってくるの弁護士に頼むようにするのが良いです。

参照:個人再生の詳細情報はこちら

個人再生のメリット 個人再生のデメリット
・借金が原則5分の1に減額される

・家や車を手放す必要がない

・借金の理由が問われない

・職業による利用制限がない

・給料などの差し押さえが中止

・弁護士に依頼しないと手続きが難しい

・手続きに時間が必要

・ローンが組めない期間が生じる

・住所や氏名が官報に掲載される

自己破産による債務整理方法

自己破産による債務整理方法は、借主が支払い不能の状況に陥っている場合の借金整理法になります。

破産手続き開始の申し立てを裁判所にして、その決定を得て、さらに免責の決定を得れば租税などの一部の債務を除いて借金はなくなります

すべての借金返済責任から免れて再スタートを切ることができる究極の手続きになります。

ただ不動産や自動車などの高価な資産を所有している場合には破産管財人によって処分されてしまうほか、一定の期間は特定の職業に就けないなどの不具合がありますが、基本的には一般の人々と同じ生活を送ることができます。

参照:自己破産の詳細情報はこちら

自己破産のメリット 自己破産のデメリット
・借金がゼロになる

・財産の差し押さえをストップ

・多少の財産は残せる

・財産や資産がなくなる

・手続きが複雑で弁護士が必要

・借金の理由によっては利用できない

・住所や氏名が官報に掲載される

・ローンが組めない期間が生じる

債務整理をするなら弁護士の無料相談を利用しよう

債務整理をするなら弁護士の無料相談を利用画像

債務整理は上記のような種類があり、自分の借金の状況によってどれを選択したらいいのか違ってきます。

ただ素人がこういった債務整理方法の選択をしたり、手続きを行うのはかなりハードルが高いです。

そもそも債務整理は金融業者などの債権者と交渉することや、裁判所などで手続きをすることがあるので個人でやるには無理があります。

実際に個人でやろうとして失敗して、弁護士に結局は依頼したというケースがかなり多いです。

個人で債務整理すると途中で挫折する可能性があるだけでなく、時間がかかるのでその分だけ借金の利息が増えていくことになります。

まずは依頼するかどうかは後にして、債務整理の無料相談を行っている法律事務所に自分の借金についてアドバイスを貰ってはどうでしょうか。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

kyuuuryou 3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

2016y02m03d_144503896 4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

2016y02m06d_152025680 5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.