個人再生はどこがいい?無料相談対応おすすめ弁護士ランキング

2018/7/1

住宅ローン返済できないなら個人再生の住宅貸金貸付債権特則を利用

個人再生を利用しようと思っている人の中には住宅ローン返済で困っている人も多いのではないでしょうか。 債務整理で民事再生や個人再生を検討している人は住宅貸金貸付債権の特則について知っておくといいです。住宅ローンを滞納しているという人は参考にしてみてはどうでしょうか。 住宅ローンが払えなくなってしまって債務整理を検討する人は結構多いです。 住宅ローンの返済が滞ると、通常は住宅に抵当権が設定されているので、最終的には抵当権が実行され競売に掛けられてしまいます。 ちなみにこういったことは民事再生や自己破産でも同様 ...

2018/7/1

給与所得者等再生で債務整理をして借金返済

債務整理には個人再生があり、さらにその中に小規模個人再生があります。 さらにその中に給与所得者等再生という債務整理方法があります。 ではこの給与所得者等再生とはどのような借金整理方法でどのように借金返済していく方法なのでしょうか。 給与所得者等再生を利用できる人には制限があるので、それを満たした人だけが給与所得者等再生という債務整理方法利用できます。 給与所得者等再生の利用条件 小規模個人再生の概要要件(住宅ローン等の被担保債権を除く負債が5000万円を超えない等)の条件が該当する人のうち、給与または給与 ...

2018/7/1

小規模個人再生の最低弁済額と要件とは

個人再生の債務整理方法の中で、多くの人が利用しているのが小規模個人再生になります。 小規模個人再生で債務整理を行う場合には裁判所に再生計画案を提出する必要があるのですが、この再生計画案に必要な要件とはどのようなものなのでしょうか。 小規模個人再生については再生計画案の要件を満たしてないと不認可になることもあるのでしっかりと認可されるための要件を満たすような再生計画案を用意するようにしましょう。 具体的に再生計画に必要な要件は「最長弁済期間」「最低弁済額基準」「清算価値保障原則」の要件があります。 そのため ...

2018/7/1

小規模個人再生の手続きと流れとは

債務整理の方法の一つとして個人再生があります。 またこの個人再生には小規模個人再生という方法があります。 おそらく個人の人の場合にはこの小規模個人再生を行って債務整理をする人がおおいのではないでしょうか。 では具体的に小規模個人再生の手続きと流れとはどのような感じになるのでしょうか。 小規模個人再生には行うための条件があります。 それは負債額が5000万円を超えない個人で、継続的にまたは反復して収入を得ることが見込まれる場合に認められる個人再生手続きになります。 ちなみにこの5000万円という条件には住宅 ...

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.