債務整理法律事務所ランキング画像

オススメ記事 債務整理の種類と手続き

債務整理の弁護士費用の平均的な相場を比較

投稿日:2017年4月23日 更新日:

債務整理を行う際に気になるのが弁護士費用がどれくらい必要なのかということではないでしょうか。

そこで債務整理を行う際に弁護士費用が平均でどれくらい必要なのかという相場について解説していこうと思います。

やはり債務整理を行うにしても、ある程度の弁護士費用の相場がわからないと、弁護士事務所選び失敗する可能性があるので大事なことです。

では具体的に弁護士費用の相場はどのようになっているのでしょうか。

債務整理方法によって弁護士費用の相場は違う

債務整理方法によって弁護士費用の相場は違う画像

債務整理には任意整理と個人再生と自己破産があり、それぞれの債務整理方法によって弁護士費用の相場は違ってきます。

基本的に債務整理について弁護士費用に基準自体はないので、報酬額は弁護士が自由に決めることができるのですが、債務整理の方法ごとにある程度の相場はあります。

ただ債務整理についての弁護士費用について不適切な事件処理や報酬請求を行う例があったということで、日本弁護士連合会によって弁護士報酬のルール作りが行われています。

このルール作りによって報酬額などについて一定の上限規制が設けられるようになったりしています。

参照:日本弁護士連合会のHP

債務整理の弁護士費用の平均的な相場について

債務整理の弁護士費用の平均的な相場画像

債務整理は上記でも載せているとおり任意整理と個人再生と自己破産という債務整理方法があり、それぞれ難易度も手間も違ってくるので費用も大きく違ってきます。

当然ですが、手続きが複雑で時間のかかるものについては高額になる傾向があるので注意が必要です。

下記でそれぞれの手続き方法別に弁護士費用の平均的な相場について載せているので参考にしてください。

任意整理の弁護士費用の相場

着手金:20,000~50,000円(債権者1件あたり)

報奨金:20,000~50,000円(債権者1件あたり)

減額報酬:減額分の 10%~20%

過払金報酬金:過払金回収額の 20%~25%

任意整理の弁護士費用の相場は上記のような感じになります。

着手金や報酬金で結構差があるように感じますが、着手金が高いところは報酬金が安かったり、着手金が安いところは報酬金が高かったりするので総額だとそこまで違いはでないです。

ちなみに着手金は弁護士が仕事に着手する前に貰う費用なので相談料とは違うということは知っておきましょう。

契約前の相談料は無料の弁護士事務所が多いので、相談料と着手金は違うということは知っておきましょう。

個人再生の弁護士費用の相場

費用総額:30万円~50万円

個人再生の場合には裁判所を通して行う債務整理方法で、任意整理よりも手間も時間もかかり、弁護士の拘束時間も長いので費用は若干高額です。

ただ任意整理よりも借金の減額幅が大きいので、借金の金額が数百万円から数千万円になるようなら個人再生を選択したほうがいいです。

自己破産の弁護士費用の相場

費用総額:20万円~50万円

自己破産も個人再生と同様に裁判所を通して行う債務整理方法で借金が免責されると事実上借金を支払う必要がなくなるという究極の債務整理方法です。

費用総額にかなりの開きがあることがわかりますが、これは同時廃止と管財事件の場合の差になります。

自己破産には資産があるかどうかによって手続きが、同時廃止か管財事件に分かれます。

同時廃止だと手続きが楽になるのでその分だけ弁護士費用が安くなります。

弁護士事務所のホームページで自己破産20万円と記載されている場合がありますが、それはあくまでも同時廃止の場合の料金で、資産額によっては20万円では済まないので誤解しないようにしましょう。

債務整理の弁護士費用は借金や資産総額によって違う

債務整理の弁護士費用は借金総額によって違う画像

債務整理の弁護士費用の平均相場は上記のような感じになりますが、あくまでも相場であって、必ず上記のような費用になるとは限らないということは知っておきましょう。

基本的に債務整理の弁護士費用は借金や資産の状況によって異なってくるので注意が必要です。

任意整理の場合には債権者の数によって弁護士費用が大きく違ってきたり、個人再生の場合には弁護士か司法書士かによって、手続き費用が代わってきたりします。

また自己破産の場合には同時廃止か管財事件かによって弁護士費用が違うのはもちろんですが、手続き費用すら違ってくるので注意が必要です。

よく弁護士事務所のホームページで債務整理の費用が書いてあることがありますが、多くの場合には最安値の費用を載せている場合が多いので、必ずその費用になるとは限らないということは知っておきましょう。

債務整理の相談料が無料の事務所を活用しよう

債務整理の相談料が無料の事務所を活用しよう画像

債務整理に対応している弁護士事務所の中には相談料が無料の事務所がいくつかあります。

弁護士事務所でこういった無料相談を行っているのは、債務整理などの借金問題を取り扱っているところの特徴だと思います。

上記のように債務整理方法や借金の金額によって弁護費用は大きく違ってくるので、いきなり債務整理を依頼して、予想してない金額が請求されるのは賢くないです。

そのため最初は債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所を活用して、どれくらいの費用が必要で、借金がどれくらい減らせるのかなど詳しい話を聞いておくといいです。

また自分が利用できる債務整理方法はどういった方法で、自分の経済状況で最適な債務整理方法はどれなのかということも聞いてみると役立つと思います。

当サイトでは債務整理の無料相談ができる弁護士事務所しか載せてないので、債務整理を検討しているなら参考にしてください。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-オススメ記事, 債務整理の種類と手続き

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.