債務整理法律事務所ランキング画像

個人再生の手続きと流れ

個人再生の費用相場を比較してみた

投稿日:2016年9月18日 更新日:

個人再生は債務整理の中でも色々なメリットがある手続き方法なので、利用を検討している人も多いかと思われます。

個人再生はは優秀な債務整理方法ですが、手続きが難しく煩雑だというデメリットがあるので、行う場合には弁護士に依頼して行うのが通常になります。

ただ弁護士に個人再生をお願いする場合に気になるのが、個人再生の費用相場だと思います。

債務整理全般に言えることですが、お金がないから債務整理するので、その際にどれくらいの費用相場なのか知ることは非常に大事です。

特に個人再生の場合には個人でやるのは無理な債務整理方法で、裁判所でも弁護士などの代理人に委任することを推奨しているくらいなので、しっかりと個人再生の費用相場を確認してから利用を検討しましょう。

個人再生を法律事務所に依頼した場合の費用相場

個人再生を法律事務所に依頼した場合の費用相場

個人再生を弁護士事務所や司法書士事務所に依頼した場合の費用相場は、おおまかに40万円から60万円くらいになります。

個人再生の場合には手続きが他の債務整理と比べると複雑なので、法律事務所の手間を考えると高額になるのは仕方がないことだと思います。

とは言っても借金額が多い場合には大幅に借金が減額することが期待できる手続き方法なので、十分にメリットはあります。

金額の幅があるように感じますが、住宅ローンの特則を利用する場合と利用しない場合で5万円から10万円くらい金額が違ってくるのでその差額も含まれています。

そうなるとそこまで個人再生の費用相場に大きな違いが出ないことがわかります。

個人再生の場合には手続きは非常に難しいですが、借金の減額幅は弁護士によって大きく異なることはないので、ある意味では誰がやっても同じような効果になります。

減額幅に大きな違いがないので個人再生の弁護士費用相場も大きな違いがないとううことになります。

個人再生は弁護士と司法書士どちらに依頼した方いい?

個人再生は弁護士と司法書士どちらに依頼した方いい

個人再生を含めて債務整理を行う場合には弁護士と司法書士でどちらがいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

基本的に弁護士は手続きのすべてを任せることができるので楽です。

司法書士の場合は書類作成代行が業務で法定代理人になれないので、裁判が関わる個人再生では活動範囲が制限されます。ただその分金額は若干安いです。

ただ個人再生の場合には裁判所のやり取りがあり、その際に司法書士だと直接やり取りができないので、安心感という意味で、やはり弁護士に依頼した方が無難だと思います。

また個人再生に司法書士を選ぶと新たに費用が発生する場合もあります。

個人再生委員にも費用が発生

司法書士に個人再生を依頼すると、裁判所から個人再生委員という手続き補助人が専任されることがあります。

この手続き補助人にも費用が発生して依頼人が負担することになります。弁護士にあらかじめ依頼しているとこういった費用は発生しないです。

司法書士の場合だと弁護士よりも費用が安いですが、個人再生委員の報酬を含めるとトータルでは弁護士と司法書士で費用が変わらなくなるので、あまり意味がないです。

それなら初めから弁護士に個人再生を任せてしまった方が手間が無くていいと思います。

個人再生は住宅ローン特則ありかどうかで費用相場が違う

個人再生は住宅ローン特則ありかどうかで費用相場が違う

個人再生には普通に借金を圧縮できる手続きだけでなく、住宅ローン特則(住宅資金特別条項案)を含むのかどうかによって費用相場が違ってきます

個人再生では住宅ローン特則(住宅資金特別条項案)を利用することによって、まだローン返済が残っている自宅を残した状態で債務整理を行うことができるというものです。

債務整理をすると自己破産のように資産が没収されてしまうケースが多いですが、住宅ローン特則(住宅資金特別条項案)を利用することによって自宅を残した状態で債務整理することができるので便利です。

とは言っても住宅ローン特則(住宅資金特別条項案)を利用するには、あらかじめ銀行などローンを組んでいる金融会社と協議する必要があるので、費用が追加されます。

住宅ローン特則(住宅資金特別条項案)を追加すると5万円から10万円の費用が上乗せされます。

ただ住宅を残して債務整理したい人からすると安いと感じるのではないでしょうか。

個人再生の住宅ローン特則についての詳細は下記を参考にしてください。

参照:個人再生の住宅ローン特則について

個人再生は依頼前に弁護士の無料相談を利用して相談

個人再生は依頼前に弁護士の無料相談

個人再生を行う場合には上記のようにそこまで法律事務所によって費用相場に違いはないので、できるだけ実績のある債務整理法質事務所に依頼した方がいいです。

費用に違いはなくても、手続きのスムーズさやスピードなどは債務整理に慣れている法律事務所の方が有利です。

また住宅ローン特則など金融業者と交渉することもあるので、債務整理に慣れている法律事務所の方が有利に交渉してくれる可能性が高いです。

ちなみに司法書士は個人再生委員の選任が必要になる可能性があり、結局弁護士と費用がほとんど同じになるので、あまり選ぶ理由はないです。

最初から債務整理に慣れた弁護士にすべて手続きを任せてしまった方がお得です。

当サイトでは債務整理に慣れている法律事務所を載せているので参考にしてください。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-個人再生の手続きと流れ

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.