初めての債務整理はこちら

闇金からの借金の債務整理方法

投稿日:

闇金からの借金を債務整理する方法についてわかりやすく説明しています。

闇金については自分で自覚してないままに、消費者金融だと思って借りてしまっている人も多いです。

最近ではあからさまな闇金ではなく、ソフト闇金という表は普通の消費者金融を装っているようなところもあり「借りてから闇金だと気づいた」という方も少なくないです。

そもそも闇金は債務整理手続きによって減額したり免責することが可能なのでしょうか?

闇金からの借金は債務整理可能なのか?

闇金借金債務整理

結論から言ってしまうと闇金を債務整理して借金返済負担を軽減するのは難しいです。

闇金は違法金利でお金を貸し付けたり、違法な手段で借金取り立てたりする悪質な金融業者で、闇金からお金を借りると利息が高いので全然返済が進まなくて、ひどい取立てに悩まされたりします。

闇金業者は貸金業の届などをしてなくて、無許可で貸金業をやっているので、自分たちが違法なことをしているということは自覚しています。

そのため店舗を構えず、簡単に住所がわからないようになっており、債務整理するとしても相手の住所がわからず手続きでないということも珍しくないです。

またそもそも闇金業者が債務整理応じるわけはなく、実際に債務整理に対応している法律事務所でも、闇金への債務整理は取り扱ってないという事務所が多いです。

闇金からの借金に返済義務はない

闇金借金返済

闇金は違法金利でお金を貸しており、そもそも貸金業の届けを出してないので「不法原因給付」という法律違反をしているので、闇金からの借金は返済義務がないです。

そのため闇金からの借金は無視してしまっても法律的には問題ないのですが、無視したからといって借金の取立てがなくなるわけではないです。

普通は払わなくてもいい借金でも、闇金業者からの苛烈な取り立てに負けてしまって支払ってしまうのが現実です。

返済義務がなくても返済しなくてはいけないような状況に追い込まれてしまうのが闇金です。

また闇金に関しては安易に債務整理をすることによって余計なトラブルを抱えることになる可能性もあります。

闇金の借金を債務整理するデメリットとは

闇金債務整理デメリット

闇金業者は自分たちが違法金利お金を貸していることは理解しているので、債権者が債務整理したとしても関係なく普通に取り立てをしてきます。

むしろ債務整理することによって、関係ない家族や職場に借金の取立てに来る可能性もあります。

債務整理したことを知られると、借金を踏み倒そうとしていると思われて、さらに苛烈な取り立てに合う可能性もあり、また他社から強引に借り入れをさせて自分たちのところの借金を返済させようとする可能性もあります。

闇金は普通の金融業者ではないので、取り立てのために他人を巻き込んだり強引なことをしてきます。

そのため債務整理をすることによって、逆に闇金業者から追い詰められないようにすることが大事になってきます。

普通の金融業者と闇金業者を見分ける方法

闇金見分け方

闇金業者から借金したくないというのは誰でも同じだと思いますが、昔と違って現在の闇金は、ソフト闇金といって、利用者に親身になって対応して、闇金のように取り立てが厳しくはないですが、ガッツリと違法金利で利息を取り立てる業者もあります。

最初は普通の金融業者のようにお金をかして、丁寧な対応をしてくれますが、借金返済してこないようになると、急に態度が変わって厳しい取り立てをするような業者も少なくないです。

そのためソフト闇金だと普通の金融業者と勘違いしてお金を借りてしまうという人もいます。

ではどのようにして普通の金融業者と闇金業者を見分ければいいのでしょうか?

闇金業者を見分ける

  • 即日融資やブラックリストでも融資可能という業者
  • 高金利で返済期間が短い
  • 貸金業登録番号の記載がない
  • 広告に掲載されている番号が携帯電話

即日融資やブラックリストでも融資可能という業者

普通の金融業者は与信審査をせずにいきなりお金を貸したり、信用情報がブラックリストに掲載されているような人にお金を貸すことはないです。

特にブラックリストに載っているような方は、貸し倒れ懸念があるので、普通はお金を貸さないです。

ただ闇金業者はこういった普通の金融業者からお金を借りられない人をターゲットにするので「即日融資」や「ブラックでも融資可能」などの宣伝文句を使っている業者は闇金の可能性が高いと思ったほうがいいです。

高金利で返済期間が短い

普通の金融業者は法律で上限金利が決まっているので、高金利でお金を貸し付けることはないです。もし高金利で貸し付けしたら過払い金返還請求で受け取った利息を戻すことになります。そのため普通の金融業者は法律の金利をしっかりと守ります。

ただ貸金業者は普通の金融業者からお金を借りられない人や、低所得者など、すぐにでもお金を借りたい人にお金を貸しているので、将来的に元本が戻ってこないことを見越しています。

そのため高金利でその分だけ早めに元本部分を回収していくことで貸し倒れリスクをカバーしています。

貸金業登録番号の記載がない

普通の金融業者は貸金業登録番号があるので、そもそも貸金業登録番号がないような金融業者は正規の金融業者ではないと判断することができます。

中には嘘の登録番号を謳っているような業者もあるかもしれないですが、金融庁の貸金業登録番号の検索ページを利用して調べれば簡単に嘘の番号なのかどうかを調べることができます。

普通の金融業者はホームページや広告などに貸金業登録番号を記載していると思うので、わかりにくい場所にあったり、そもそも番号がない業者には注意しましょう。

金融庁の登録貸金業者検索ページ

広告に掲載されている番号が携帯電話

闇金業者は警察からの摘発を逃れるために、事務所を構えてないところが少なくないです。

そのため固定電話を使わずに、携帯電話を連絡先に利用していたりします。

普通に考えて、しっかりとした金融業者が広告の連絡先に携帯電話の番号を利用するわけないですよね。

闇金からの借金を返済できなくなった場合

闇金借金返済できない

闇金からの借金が完済できなくなってしまった場合に、債務整理できないとなると、どのようにして借金問題を解決すればいいのかわからない方もいると思います。

闇金の場合は返済を続けても利息が高額なので、いつまで経っても借金が返せないという方は多いです。その場合は「警察に相談する」か「闇金対応の専門家」に相談するといいです。

警察に相談する

闇金は違法なので警察に相談するというのが一つの方法としてあります。

警察が介入することによって、大人しく引き下がってくれる闇金業者もいるので一定の効果は期待できると思います。

ただ警察は民事不介入という原則があるので、場合によってはあまり積極的に協力してくれない可能性もあります。

基本的に警察は事件が起こらないと積極的に動いてくれないということも知っておきましょう。

闇金対応の法律事務所に相談する

一番利用しやすいのが闇金対応をしている法律事務所に相談するということです。

法律事務所の中には闇金に対応してくれる事務所もあるので、こういった事務所を利用して問題解決するといいと思います。

事務所によっては直接闇金業者に対面して対処してくれる事務所もあります。また法律の専門家が介入して、警察に相談すれば、警察としても動かないわけにはいかないので、個人で相談するよりも積極的な介入が期待できます

闇金は個人で対応せずに警察や専門家に頼ろう!

闇金債務整理まとめ

闇金は借金返済の必要はないですが、だからといって個人で対応するとトラブルの原因になり、闇金業者の取立てがエスカレートしていく可能性があります。

取立てがエスカレートしていくと、自分だけでなく家族や知人、勤務先の会社にまで迷惑がかかる可能性があり、自分だけの問題では済まなくなる可能性があります。

そのため闇金からの借金困っている場合には早めに警察闇金対応している法律事務所の無料相談を利用して相談するのがベストだと思います。

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.