過払い金請求

過払い金返還請求のみなし弁済とは【過払い金の請求方法】

過払い金請求についてはテレビのCMなどでも流れているので何となく名前くらいは耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

過払い金請求では利息制限方法によって貸金利息について上限金利があり、それ以上の金利部分は無効ということが肝になります。

利息制限法ではその上限金利を超えて支払った分の超過利息については、まず元本に充当されて、充当された結果元本が完済状態になった場合には、その残りの部分が不当利得となって、過払い金として債務者に返還されます。

こうして見ると過払い金請求はお金を借りている債務者には非常にメリットが大きく、お金を貸している債権者には非常にデメリットが大きい制度だということがわかると思います。

過払い金のみなし弁済とは?

過払い金みなし弁済

過払い金が発生する原因は貸金業者の利息が利息制限法所定の利息よりも高かったからです。

これは旧貸金業規四三条で、一定の要件を満たす場合に、利息制限法の上限金利よりも高い金利であっても出資法規定の罰金金利に違反しなければ有効として、この金利で利息を取っていたからになります。

この取っていた金利を「みなし弁済」と言われているみたいです。

つまり債務者が任意で支払った利息は、本来は利息制限法を超えて無効になるはずのケースでも要件を満たせば有効になるという事です。

ただ実際に貸金業者からの「みなし弁済」適用の主張は認められておらず、実際に最高裁判所も認めてないことから、みなし弁済が認められることはほとんどないようです。

まあ、簡単にみなし弁済が認められてしまったら、利息制限法による借金の利息の制限が骨抜きになってしまうので厳格に適用されるのは当然のことかと思います。

過払い金のみなし弁済が認められる条件

過払い金みなし弁済条件

貸金業者の「みなし弁済」についてはほとんど認められておらず、「みなし弁済」が認められるにはいくつかの要件を満たす必要があります。

具体的には下記のようなことがないと認められないです。

みなし弁済が認められる条件

・貸付けの際に、貸金業規制法に定める各種の記載事項のすべてを記載した契約書を交付していること。

・返済金受領の際に、貸金業規正法に定める受取証書を直ちに交付していること。

・借主が約定金利による利息を利息として認識し約定金利による利息を任意に支払ったこと。

上記のような要件を満たさないといけないのですが、このような要件を満たしている貸金業者はほとんどなく最高裁判所は「みなし弁済」を認めないという判決を出しているので、現在はあまり意味がないです。

そのため各地で相次いで過払い金請求が起こっているのです。

過払い金請求によって、多い人だと1000万円くらい戻ってきたという人もいるくらいなので、心当たりがあるのなら調べた方がいいと思います。

過払い金の請求方法とは

過払い金の請求方法

過払い金返還請求では借金をしている債務者が返還額などを明確にする必要があるので、債務者がそれに協力したくないと思うのも当然のことです。

こうした返還額の確定などでは、借主の資料だけでは不足する場合が多く、貸金業者の取引経過などの情報開示が必要で、これにもなかなか応じない業者もいます。

過払い金の額を算出するさいには利息制限法の金利でやり直すことになるのでかなり大変です。

こうした請求上、難しい問題が過払い金返還請求の方法では難しい部分があるので、弁護士などの専門家に相談してから行うようにしたほうがいいです。

過払い金返還請求の手続きは自分で行うことも可能ですが、貸金業者などとの手続きのやり取りはかなり大変なので、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

過払い金返還請求は弁護士・司法書士に依頼しよう!

過払い金返還請求弁護士司法書士

過払い金返還請求を弁護士に依頼すると、弁護士などの法律の専門家は貸金業者から入手した開示資料に基づき、利息制限法の制限金利で引き直し計算を行って過払い金を算出します。

そして業者に過払い金請求を行って交渉がまとまれば和解することになります。

過払い金返還請求を法律事務所で行うメリットして一番大きいのは、弁護士などに依頼すればほとんどの場合で過払い金が返還されるということです。

ちなみに過払い金返還請求で貸金業者が過払い金の返還請求に応じず、交渉がまとまらない場合には調停や訴訟手続きを行うことになります。

過払い金返還請求では自分で行うこともできないことはないですが、訴訟リスクなどがあり、弁護士依頼した方が確実だと思います。

ちなみに過払い金の返還請求では、過払い金に金利を付けて請求できたり、あるいは弁護士費用を損害賠償として請求できるかということもああり、法的な判断が必要な部分もあるので、まずは債務整理法律事務所の無料相談を利用するといいです。

過払い金の金額は無料相談で調べられる

過払い金返還請求無料相談

過払い金がどの程度あるのか気になっている方もいると思いますが、過払い金に関しては自分で計算する必要はなく、弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用すれば、専門家が調べてくれます。

そのため過去に借金をして返済した経験があるなら一度過払い金があるのか調べてもらうのもいいかと思います。

ちなみに過払い金は既に借金を完済しているようなケースでも請求することができるので、現在借金がない方でも過払い金がある可能性は十分にあります。

無料相談を利用して過払い金があれば請求手続きをしてもらえばいいですし、過払い金がなかったら手続きする必要はないです。基本的にこちら側にデメリットはないです。

請求手続きを弁護士や司法書士に依頼する場合でも、依頼費用は戻ってきた過払い金額の20%など、成功報酬で設定している事務所が多いので、依頼金額が戻ってくる過払い金額が超えることはないので損はしないです。

当サイトでは過払い金返還請求を含めた無料相談に対応している弁護士や司法書士をまとめているので参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
アイフル
レイクアルサ
SMBCモビット
レイクアルサ

-過払い金請求

© 2020 債務整理おすすめ弁護士・司法書士比較【2020年最新】 Powered by AFFINGER5