初めての債務整理はこちら

自動車ローン・バイクローンを債務整理する方法【車を残す】

投稿日:

債務整理をする際に、自動車ローンやバイクローンがある場合にどのような取り扱になるのか悩む方は多いです。

自動車ローンやバイクローンが払えないので、債務整理で整理したいという方もいれば、自動車やバイクは生活必需品なので、何とか残す方法はないかと考える方もいます。

ではそもそも自動車ローンやバイクローンは債務整理によって減額することはできるのでしょうか?

自動車ローンやバイクローンは債務整理できるのか?

債務整理方法車

結論から言ってしまうと自動車ローンやバイクローンは債務整理手続きによって減額することができます。

ただ債務整理の方法によって自動車やバイクがどうなるかは変わってきます。

債務整理方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という方法がありますが、それぞれ債務整理方法によって自動車やバイクを残すことができたり、没収されたりと対応が違ってきます。

さらに自動車ローンが残っているかどうかによっても対応が違ってきます。

債務整理をしても生活のために車が必要な場合には、しっかりと債務整理方法による車の取扱いについて知っておく必要があります。

車の取扱いによっては利用する債務整理方法も違ってくると思うので、債務整理方法別に車の取扱いを説明していこうと思います。

任意整理で自動車ローンやバイクローンを減額する方法

任意整理車デメリット

任意整理をする場合に車の取扱いについてデメリットがあるのか気にしている人は多いと思います。

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉することで借金を減額させたり、利息を免除してもらうという債務整理方法です。

この任意整理は自動車やバイクへのデメリットが一番小さい債務整理方法だと思っておいて間違いないです。

下記で自動車ローンがある場合と、ローンの支払が終わっている場合での車の取扱いについて説明しているので参考にしてください。

任意整理で自動車ローンやバイクローンを支払い終わっている場合

任意整理を検討しているような場合で、すでに自動車ローンやバイクローンが支払い終わっているような車がある場合の取扱いですが、これといったデメリットはないです。

車のローンが支払い終わっているなら、任意整理をしたとしても車を没収されることはないです。

つまり任意整理しても普通に車を残すことができるということです。

ローンの支払が終わっている場合は任意整理しても車には何の影響もないと思っておくといいです。

任意整理で自動車ローンやバイクローンが残っている場合

任意整理で自動車ローンやバイクローンが残っているような場合は注意が必要になってきます。

何もしないと自動車ローンやバイクローンも任意整理の対象になるので、当然ですが車はローン会社やティーラーによって引き揚げられてしまいます。

ただ任意整理は債務整理対象を選択することができるので、自動車ローンやバイクローンを債務整理対象から外せば、そのまま車を所有することが可能です。

しかし自動車ローンやバイクローンを任意整理の対象から外すと、そのまま車のローンは支払い続ける必要があるということは知っておきましょう。

個人再生で自動車ローンやバイクローンを減額する方法

個人再生の車デメリット画像

個人再生での自動車ローンやバイクローンのデメリットは任意整理とは状況が違ってきます。

個人再生は裁判所を通して行う債務整理方法になっており、任意整理よりも借金が大きく減額されるので、自己破産以外の債務整理方法では一番借金が多く減る債務整理方法です。

借金の減額幅やデメリットを加味すると、個人的にはかなりバランスのいい債務整理方法だと感じています。

そんな個人再生も自動車ローンやバイクローンを支払い終わっているか、ローンがまだ残っているかによって車の取扱いが違ってきます。

個人再生で自動車ローンやバイクローンを支払い終わっている場合

個人再生で自動車ローンやバイクローンがすでに支払い終わっているような状況なら、そのまま自動車やバイクを保持することが可能です。

裁判所を通して行う債務整理方法なので、何となく車のような高額資産は没収されるのではないかと思う人も多いですが、実際にはそんなことはないです。

とは言っても車という高額資産があると、その分だけ資産があるということになるので、借金の減額幅が小さくなるというデメリットがあることは知っておきましょう。

しかしそれでも車の価値を考えると、車を残しておく方がはるかにメリットは大きいので、そこまで大きなデメリットではないです。

個人再生で自動車ローンやバイクローンが残っている場合

自動車ローンやバイクローンが残っているような場合だと、個人再生をすると車を持っていかれると思っておいたほうがいいです。

個人再生は任意整理と違って債務整理する借金を選ぶことができないので、普通に自動車ローンやバイクローンも債務整理されてしまいます

ただローンが残っている場合で、車の所有権者が信販会社などのローン会社ではなく、販売会社やディーラーの場合には車の引き揚げを拒否することができます。

また、車のローンの残りを自分や親戚などが一括で返済できる場合や、車が仕事上でどうしても必要な場合には手元に残すことができる可能性があります。

この辺りは債務整理の専門家に相談するといいと思います。

自己破産で自動車ローンやバイクローンを減額する方法

自己破産車デメリット画像

自己破産の場合には任意整理や個人再生とは事情が異なってきます。

基本的に自己破産の場合には高額資産は保有することができないというデメリットがあるので、そういったことを照らし合わせると車を所有できないと思っておいたほうがいいです。

ただ一律で車が保有できないというわけでもなく、状況によって車を保有したまま自己破産することも可能です。

自己破産で自動車ローンやバイクローンを支払い終わっている場合

自己破産の場合には自動車ローンやバイクローンが支払い終わっていたとしても、高額資産は債権者に配当として分配されることになるので処分されてしまいます。

ただ車やバイクの価値が20万円以下の場合には資産価値がないとみなされてそのまま車やバイクを保有することができます。

目安としては初年度登録から10年以上経過しているような車の場合には資産価値がないと判断されてそのまま保有できる可能性が高いようです。

ちなみに車の査定をしてもらったら査定証を発行してもらうといいです。

自己破産で自動車ローンやバイクローンが残っている場合

自己破産で自動車ローンやバイクローンがある状況だと、ローンを完済するまでは車やバイクの所有権はローン会社などにあるので、普通に車やバイクは没収されると思っていいです。

自己破産の場合だと、ローンの支払が終わったとしても資産価値によっては車が没収されるので、車を残すのは非常に難しいです。

ただ田舎などで車が無いと生活できないような状況の場合には、特例として債権者の同意などを得て、第三者が自動車ローンを返済することで車の保有ができる可能性があります。

自己破産で車やバイクを残したい場合には事前に弁護士の無料相談を利用して相談しておくといいです。

債務整理後に車やバイクを残すなら任意整理か個人再生

債務整理車バイク残す

債務整理後に車やバイクを残したいと思っているなら、任意整理か個人再生を利用することになります。

自動車ローンやバイクローンが残っている状況で車やバイクを残したいと考えているなら任意整理を利用することになります。

債務整理方法によっては自動車ローンやバイクローンがあったとしても車やバイクを残すことができるので、借金返済で困っているならできるだけ早めに相談したほうがいいです。

個人再生は自動車ローンやバイクローンを払い終わっている状況なら、車やバイクを残すことができ、元本からがっつりと借金を減額することができるので、借金額が大きい人に最適です。

債務整理後に自動車ローンやバイクローン審査は通る?

債務整理後自動車ローンバイクローン審査

債務整理後に車やバイクが必要になった場合、自動車ローンやバイクローンを組むことは可能なのでしょうか?

結論を言ってしまうと、債務整理後すぐには自動車ローンやバイクローンを組むことはできないです。

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されて、ローン審査で債務整理したことが知られてしまうのでローンに落ちてしまいます。

ただバイクはともかく、自動車は地方で生活する場合には重要な足になるので、債務整理をしたからといって、利用できなくなると生活に支障が出る場合もあります。

信用情報のブラックリストについては、債務整理方法や信用情報機関によって違ってきますが、5年から10年で解除されるので、それ以降は普通にローン審査にも通るようになります。

信用情報ブラックリスト
債務整理で信用情報がブラックになるデメリットを徹底解説

債務整理をすると消費者金融や銀行、信販会社などの金融業者から借金ができなくなってしまったり、ローンが組めなくなるというデメリットが発生します。 債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額しても ...

債務整理後に自動車ローンやバイクローンを組む方法とは

債務整理後自動車ローンバイクローン組む方法

債務整理後は信用情報がブラックリストに登録されてしまうので自動車ローンやバイクローンを申し込んでも審査で落ちてしまいますが、まったく方法がないというわけではないです。

それは「親族名義でローンを組む」という方法と「中古車販売店の自社ローンを利用する」という方法です。

親族名義でローンを組む

債務整理による信用情報のブラックリスト登録は、債務整理した人にだけ発生するデメリットなので、家族に影響が及ぶことはないです。

そのため夫が債務整理して自動車ローンが組めなくなった場合には、妻名義で自動車ローンを組むという方法があります。

とはいっても妻に自動車ローンを組むだけの収入や信用力が必要なので、必ずローンが通るというわけではないです。

ただブラックリストに登録されている方よりはローン審査が通る可能性は断然高いと思います。

中古車販売店の自社ローンを利用

自社ローンは中古車販売店などが独自に行っている自動車ローンで、独自に分割払いなどを受け付けてくれており、審査基準は販売店で決めています。

そのため普通の自動車ローンと比べると審査基準が甘くなっており、債務整理後でも審査に通る可能性は十分にあります。

ただ自社ローンは販売店ごとに契約内容が異なっているので、しっかりと契約内容を確認することが重要です。

また自社ローンの場合はローンを組める上限が決まっていることもあり、欲しい車が買えない可能性もあるということは理解しておきましょう。

債務整理で車を残せるかは弁護士に相談

債務整理車弁護士相談

債務整理での車の取扱いについては上記を見て、かなり複雑だということが分かったのではないでしょうか。

車については任意整理、個人再生、自己破産という順番で残しやすさの難易度が違ってくることがわかると思います。

どうしても車を残したいような場合には、任意整理や個人再生を選択する必要があります。

自己破産の場合だと裁判所の判断で特例として車の保有を認めてもらわないといけないので、弁護士の力量が問われてきます。

そういった意味では債務整理に慣れている弁護士に依頼することが車保有の鍵にもなってくるので、しっかりとした弁護士に依頼することが大事になってきます。

当サイトでは債務整理慣れている弁護士事務所をいくつか載せているので、まずは無料相談を利用して債務整理について相談してはどうでしょうか。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.