債務整理法律事務所ランキング画像

特定調停の手続きと流れ

特定調停のメリットとデメリットと費用とは

投稿日:2016年8月20日 更新日:

特定調停の借金整理方法のメリットデメリット費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。

近年では行っている人が少ない債務整理方法で、特定調停における基本的な借金整理方法は各債権者の債務について、利息制限法所定の上限金利に引き直して現在の債務額を算出して、残元金および未払い利息・損害金を原則として3年にわたって分割し返済していくというものです。

法律事務所に債務整理を依頼すると、過払い金返還請求が任意整理や自己破産などで事前に行われることを考えると、そこまで積極的に選ぶ必要もない債務整理の方法のように感じますね。

返済分を過去の利息制限法所定の金利に引き直して計算すると金利や借入れ年数等にもよりますが、残債務は大幅に減額されて場合によっては過払いになっている場合があります。

自分で計算することができますが、債務整理に強い法律事務所の無料相談で簡単に判明するので利用して見てはどうでしょうか。

このようにして計算した債務を3年程度で分割返済していくことになります。

月々の返済額が収入から見て多くて、返済が不可能なような場合には、調停ですのでもう少し減額してくれるように交渉できます。

ただ特定調停では貸金業などの債権者との合意で成立するので、相手が応じないようなら不成立になってしまいます。この場合だと裁判所が調停に代わる決定を下す場合があります。

特定調停不成立の可能性は高いの?

2016y02m06d_152009116特定調停では貸金業者などの債権者と交渉によって借金の返済方法について話し合う債務整理の方法ですが、基本的には貸金業者などの債権者にはメリットがないので合意する可能性は低いのではと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし実際には債権者にしても、調停が成立せずに自己破産されてしまっては、借金が全額免除になってしまって返済されない可能性があるので、それよりは話し合いに応じた方が得と考えます。

多くの場合は一般的な方法による減額で決着していることが多いようです。

まあ、現在は過払い金返還請求が他の債務整理方法と組み合わせて利用されている状況なので、特定調停を合えて利用する人は少なくなっているという現状があります。

特定調停を行うメリットとは?

特定調停のメリット

近年は行っている人が少なくなっている特定調停ですが、特定調停を行うメリットはどういったものなのでしょうか。

特定調停を行う前にどんなメリットがあるのか知っておきましょう。

特定調停のメリットを5つ載せているので参考にしてください。

特定調停のメリット

  • 特定調停は費用が安い
  • 金融業者からの取立が止む
  • 手続きを裁判所が教えてくれる
  • 借金の用途は問われない
  • 財産を手放す必要がないく

特定調停は費用が安い

特定調停は申し立て費用も債権者1人について500円の手数料と予納郵券で済みます。

裁判所を通して行う債務整理の方法としてはかなり費用が安いですよね。これは大きなメリットだと思います。

取立が止む

貸金業者などからの債権者からの取立が止みます。

ただ弁護士などに債務整理をすれば特定調停じゃなくても普通に取立を止めさせることができるのでそこまで大きなメリットでもないです。

手続きを裁判所が教えてくれる

申し立てなどの手続き方法が分からない場合には裁判所の書記官に聞けば教えてくれます

また調停の場では調停委員会が合意のために努力してくれます。そのため法律に関して何も知らない人でも本人だけで対応することができます。ただ書類作成は結構大変なので覚悟が必要です。

借金の用途は問われない

特定調停は個人や法人を問わずに行うことができ、このまま返済を続けていくことが困難な人が債権者と裁判所を通して話し合い、生活の建て直しを図る制度なので、自己破産とは違って支払不能の状態になくてもよく、借金の用途がどのようなものであったかは原則問われないです。

財産を手放す必要がない

特定調停の場合には破産者になることもなく、財産を手放す必要がないです。

ただ借金が免責される自己破産とは違って、特定調停で合意した分の借金は残るということは理解しておきましょう。

特定調停はメリットのある債務整理方法ですが、過払い金返還請求と被る部分があるので、弁護士や司法書士などの債務整理の専門家に任せる場合にはあまり気にする必要のない債務整理方法だと思います。

債務整理を行う前には自分にどの債務整理方法が合っているのか、債務整理に強い法律事務所の無料相談を利用するようにするといいです。

特定調停のデメリットとは

特定調停のデメリット

特定調停の申立てをすると2週間から3週間後に申し立てた簡易裁判所から調停期日の呼び出し状が送られてきます。

この呼び出し通知を持って調停期日に出頭すると調停委員会で特定調停についての話し合いがされていきます。

この特定調停の調停期日は最低でも2回はあって、特定調停の相手方が多い場合には話し合いがまとまらなくて、場合によっては3回以降も調停が行われていく場合もあります。

そうなると特定調停の申立人はその都度裁判所に行くことになります。こういったところが特定調停のデメリットになってくると思います。

特定調停は裁判所の呼び出しに応じないと罰金

syokuba特定調停の裁判所での調停は最低でも2回ありますが、具体的にその2回でどのようなことを行うのでしょうか。

第1回目の調停では調停委員より債務者の生活状況や今後の返済計画など、調停委員が債権者と話し合う上で必要な事項について聞かれることになります。

とは言っても聞かれることの多くは特定調停の申し立て書に記載した事項の確認や補足的な情報を聞かれるくらいなので、事実をそのまま答えれば問題ないと思います。

第2回目の調停では通常は債権者を交えた話し合いになります。話し合いとは言っても調停委員が主導権をとりますので、口論するなどのことはなく、調停委員の案に従って進行することになります。

この特定調停の調停では、裁判所からの呼び出しに対して正当な理由なく出頭しないときには、5万円以下の科料の制裁があり、こういったところはデメリットかもしれないですね。とは言っても普通に出頭すればいいので問題はないと思います。

ちなみに債権者側がヤミ金業者などの場合には、調停を申立をすることが恐ろしいと思うかもしれないですが、法律違反の事実が判明することを恐れて一切の債権債務がない旨の上申書を提出してくることもあるので意外と有効かもしれないですね。

特定調停後に話し合いが成立すると調停調書が作成される

2016y01m30d_155128476特定調停で上記のような2回の調停で話し合いが成立した場合には、調停成立になります。

調停が成立すると調停調書が作成されることになります。これは判決と同等の効力があり、調停で合意したとおりに返済しないと、債権者は債務者の財産に対して強制執行をすることができます。

そのため合意するに際してはその金額が返済可能かどうかを再度検討することが必要になってきます。こういった強制力の強さは債務者にとってはデメリットになるかもしれないですね。

ちなみに特定調停の話し合いで、合意できない場合には調停不成立になります。

ただ裁判所は調停委員会の意見を聞いて、調停の結果から相当と考えられる時に「調停に代わる決定」を出すことができます。

特定調停の終局結果を見てみるとこの「調停に代わる決定」が半数以上を占めているので、意外と調停での話し合いが不成立になることが多いということがわかります。

この「調停に代わる決定」は異議の申し立てがあると失効します。

しかし意外と異議がでるケースというのは多くないようなのでそこまで心配する必要はないと思います。

ちなみに調停が不調に終わってしまった場合でも、任意整理や自己破産などの別の債務整理方法で借金整理を行うことができるので心配しないようにしましょう。

ちなみにどの債務整理方法が適しているかは弁護士や司法書士の借金の無料相談を利用するようにするといいです。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-特定調停の手続きと流れ

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.