初めての債務整理はこちら

楽天銀行スーパーローン(カードローン)を債務整理【返済できない!】

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行が行っているカードローンで簡単に説明すると銀行のカードローンということになります。

楽天というネームバリューもあるので利用しやすいため利用者も多く、消費者金融ではなく銀行のカードローンということもあり、消費者金融と比べると金利が低いというメリットがあります。

楽天銀行スーパーローンはスマホから手軽に利用することができ、最大限度額は800万円で色々なようとで利用可能ということもあり、気軽に利用している方も少なくないです。

また入会することで楽天ポイントがもらえたりなど、楽天ならではのメリットもあったりして、借入先の候補にしている方も多いです。

ただ楽天銀行スーパーローンのようなカードローンは他の借金と比べると金利は高い部類に入るので、大きな金額を借りると返済利息が大きくなって返済できなくなってしまうこともあります。

では楽天銀行スーパーローンが返済できなくなったらどうすればいいのでしょうか?

楽天銀行スーパーローンの借金は債務整理で減額可能!

楽天銀行スーパーローン債務整理

楽天銀行スーパーローンが返済できなくなってしまった場合には、債務整理などによって借金を減額したり免除することができます。

楽天銀行スーパーローンのようなカードローンが返済できなってしまった場合には、親や友人などからお金を借りる方がいますが、本当に返済するあてがあって借りているのでしょうか?

親や友人からお金を借りれば借金利息の心配はなくなりますが、知り合いという事で返済を滞らせると、人間関係のトラブルに発展する可能性があります。

関係が近しい人とトラブルとになると非常に厄介なので、返済できる見込みがないなら人からお金を借りない方がいいです。

それよりは債務整理を利用して借金を減額して、自分自身で借金問題を解決することを考えたほうがいいと思います。

仮に無職で全く収入がない状況でも、自己破産すれば借金を全額免除できるので、借金問題を一気に解決することができます。

楽天銀行スーパーローンを滞納するとどうなる?

楽天銀行スーパーローン滞納

楽天銀行スーパーローンが返済できないと滞納することになりますが、楽天銀行スーパーローンを滞納するとどうなるのでしょうか?

注意

  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 遅延損害金が発生する
  • 強制執行によって給料や資産が差し押さえられる

楽天銀行スーパーローンの借金を滞納すると簡単にまとめると上記のようなデメリットが生じることになります。

信用情報は信用情報機関が管理する借金履歴のようなもので、滞納するとその情報が信用情報機関を通じて金融業者で共有されることになり、借入審査やカード審査に影響して、審査に通らなくなります

また借金をすると遅延損害金(延滞利息)が発生するのは当然で、楽天銀行スーパーローンのようなカードローンは利息負担が重いので、遅延損害金の負担も重くなるため注意が必要です。

さらに滞納を続けると強制執行によって資産や給料が差し押さえられることになります。

楽天銀行スーパーローンを任意整理

楽天銀行スーパーローン任意整理

楽天銀行スーパーローンを任意整理する場合のメリットとデメリットについてまとめてみたので参考にしてください。

任意整理するメリット

  • 借金の利息が免除され毎月の返済負担が小さくなる
  • 自動車などの資産を売却せずに手続きできる
  • 整理する借金の対象を選ぶことができる
  • 依頼費用が他の債務整理方法よりも安い

任意整理するデメリット

  • 借金の元本を大幅に減らすことは難しい
  • 相手が交渉に応じてくれないと手続きできない
  • 交渉する弁護士や司法書士によって結果が変わる可能性がある
  • 楽天銀行の口座が凍結される

任意整理をすると借金の利息が免除されて、返済期間を延ばしても毎月の返済額が小さくなります。借金の利息が高いカードローンとは相性の良い債務整理方法です。

また任意整理は依頼費用も安く、自動車などの高額資産をそのまま残せるので、生活に大きな影響を与えずに借金を整理できます。

ただ借金の減額幅は大きくなく、相手が交渉に応じてくれないと手続きできないというデメリットがあります。しかし楽天銀行スーパーローンは交渉に応じてくれるので安心してください。

また楽天銀行スーパーローンは楽天銀行のカードローンということもあり、銀行口座に紐づいているため、任意整理対象になると一時的に口座が凍結されて、預貯金と借金が相殺されることになります。ただ口座凍結されることがわかっていれば、あらかじめ口座内のお金を移動すればいいだけです。

楽天銀行スーパーローンを債務整理する場合には、比較的デメリットの小さい任意整理が一番の利用候補になるのではと思います。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリットをわかりやすく説明

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

楽天銀行スーパーローンを個人再生

楽天銀行スーパーローン個人再生

楽天銀行スーパーローンを個人再生する場合のメリットとデメリットについてまとめてみたので参考にしてください。

個人再生するメリット

  • 借金を元本から大幅に減額することが可能
  • 持ち家を残しながら大幅に借金減額が可能
  • 強制執行を抑えることが可能

個人再生するデメリット

  • 任意整理よりも依頼費用が高い
  • 高額資産があると借金の減額幅が小さくなる
  • 官報に名前が掲載される
  • 整理したくない借金もまとめて減額される
  • 楽天銀行の口座が凍結される

楽天銀行スーパーローンを債務整理する場合に、金額が大きかったり、楽天のカードローン以外に複数の借入先があるような場合には個人再生も利用候補として考える事ができます。

個人再生は任意整理と違って、借金を元本から減額することができるので、任意整理では完済が難しいくらい金額が大きな借金も、元本から減額することができるので、大きく借金の負担を軽くすることができます。

また自己破産と違って、住宅ローン特則という制度を利用すれば、住宅ローンを債務整理対象から除外することができるので、持ち家を残しながら借金を大きく減らすことができます

ただ依頼費用が任意整理よりも高額で手続きが複雑なため、半年くらい手続き期間が必要になると思ったほうがいいです。

また高額資産があった場合、自己破産のように没収されることはないですが、借金の減額幅に影響が出るので注意が必要です。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

楽天銀行スーパーローンを自己破産

楽天銀行スーパーローン自己破産

楽天銀行スーパーローンを自己破産する場合のメリットとデメリットについてまとめてみたので参考にしてください。

自己破産するメリット

  • 借金返済の義務がなくなる
  • 強制執行を抑えることが可能

自己破産するデメリット

  • 自動車などの高額資産が没収される
  • 官報に名前が掲載される
  • 整理したくない借金もまとめて減額される
  • 手続き期間中は職業制限が生じる
  • 楽天銀行の口座が凍結される

楽天銀行スーパーローンによる借金が、仕事をなくしてしまったり、他にも多くの借金があって返済できる見込みが全くない場合に利用を検討したいのが自己破産です。

自己破産して裁判所から免責を得ることができれば、借金返済の義務がなくなるので、これまで悩んできた借金問題を一気に解決することができます。

借金問題を抱えている側としては、数千万円や数億円あった借金が自己破産することで一気に解決することができるので、最終手段ともいえると手続き方法です。

ただ自己破産すると自動車などの高額資産が没収されてしまったり、手続き期間中に一部の職業に就けないなどの職業制限が生じるなどのデメリットがあります。

また官報という政府機関誌に名前が載せられたりします。ただ官報はほとんどの人は見てないのでそこまで大きなデメリットではないかもしれないです。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

債務整理後に楽天銀行スーパーローンからの借金は可能?

楽天銀行スーパーローン債務整理後

債務整理後に楽天のカードローン(楽天銀行スーパーローン)を利用したいと思う方もいるかと思いますが、債務整理しても楽天のカードローンを利用することは可能なのでしょうか?

結論を言ってしまうと、債務整理後すぐに楽天銀行スーパーローンを利用することは難しいです。

債務整理をすると信用情報という借金の履歴のようなものがブラックリストに登録されることになり、信用情報機関を通じて金融業者などで共有されることになるので、債務整理したことが金融業者に知られることになります。

そのため信用情報がブラックになると、ブラックが解除されるまでは借入審査やカード審査に通らなくなります。

解除期間は債務整理方法や信用情報機関によって違ってきますが、5年から10年くらいで解除されると思っていいです。

ただ楽天のカードローン(楽天銀行スーパーローン)を債務整理対象にすると、信用情報のブラックリストから解除されたとしても、楽天の社内データに債務整理したという情報が残ってしまうので、そのことによって借入審査に落ちる可能性はあります。

信用情報ブラックリスト
債務整理で信用情報がブラックになるデメリットを徹底解説

債務整理をすると消費者金融や銀行、信販会社などの金融業者から借金ができなくなってしまったり、ローンが組めなくなるというデメリットが発生します。 債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額しても ...

家族に内緒で楽天銀行スーパーローンを債務整理したい

楽天銀行スーパーローン家族に内緒

家族に内緒で楽天銀行スーパーローンを利用して借金している場合に、債務整理することで家族に借金のことばバレてしまうのではないかと心配する方も多いです。

債務整理をすると弁護士や司法書士だけでなく、裁判所などが関わってくることもあるので、手続きをすることで家族に借金のことがバレる可能性は当然出てきます。

ただ債務整理手続きの中でも任意整理なら家族に内緒で借金を整理することができる可能性があります。

任意整理は裁判所が関係しない手続き方法なので、裁判所から自宅に書類が届くということもなく、資産が没収されるわけでもないので、手続き期間中に日常生活に大きな変化が起きないという特徴があります。

また手続きの際にあらかじめ弁護士や司法書士に「家族に内緒で手続したい」ということを伝えておけば、弁護士や司法書士からの連絡方法や書類の郵送方法などについて配慮してくれます。

仮に同居している家族がいたとしても、任意整理なら家族にバレずに手続きできる可能性があるので検討してはどうでしょうか。

楽天銀行スーパーローンを債務整理するなら無料相談

楽天銀行スーパーローン無料相談

楽天のカードローン(楽天銀行スーパーローン)を債務整理して返済負担を減らすことを考えているなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用するといいと思います。

いきなり債務整理手続きを弁護士や司法書士に依頼するのはハードルが高いので、最初は無料相談を利用して、専門家である弁護士や司法書士に借金返済の方法や債務整理に関して疑問に感じていることを聞いてみるといいと思います。

無料相談で詳しい説明を受けて、債務整理が必要だと思ったらそのまま手続きを依頼すればいいのではないかと思います。

当サイトでは借金返済に関することや債務整理に対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話による無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せているので、「とりあえず、話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができると思います。

どこに借金問題を相談したらいいのか悩んでいるなら、下記が相談先を選ぶ際の参考になると思います。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.