初めての債務整理はこちら

債務整理に引っ越しの制限はある?【返済中や手続き中】

債務整理を利用すれば借金問題を解決することができますが、その事によって引っ越しに制限が生じるのではないかと不安に思う方もいると思います。

家賃などを滞納していて債務整理で家賃を整理してしまうと、家賃を踏み倒すことになってしまうので、大家さんから立ち退きを求められてしまう可能性があります。

そうした状況で、手続き期間中や返済中での引っ越しが可能なのかをわかりやすく解説しようと思います。

債務整理による住まいの影響を心配しているなら参考にしてください。

債務整理手続き中に引っ越しすることは可能か?

債務整理手続き中引っ越し

債務整理手続き中に引っ越しすることが可能なのか気になっている方もいると思います。

結論を言ってしまうと債務整理手続き中でも引っ越しすることは可能です。

借金問題を抱えていると債務整理手続き中に家賃を滞納してしまって家を退去せざる得ないような状況になってしまうことも考えられます。

そういった際に引っ越しができないうことになると、どうしようもなくなってしまいます。

ただ引っ越しする際には事前に弁護士や司法書士に引っ越しする予定などについてしっかりと伝えておくことが大事になってきます。

特に自己破産や個人再生などの裁判所で行うような債務整理方法は厳密な手続きが求められるので、引越し費用などが返済にどのような影響が出るのかなども把握する必要があります。

また自己破産は別途注意点があるので下記にある「債務整理後の引っ越しに関する注意点」を参照してください。

債務整理後のトラブルを防ぐためにも事前に債務整理を依頼した弁護士や司法書士には相談しておきましょう。

債務整理後に引っ越しすることは可能か?

債務整理後引っ越し

債務整理後に引っ越しすることは可能です。債務整理後は手続き中とは違って弁護士や司法書士に相談する必要もなく普通に引っ越しすることができます

債務整理をすると人によっては生活環境が大きく変わって引っ越しの必要が出てくると思います。

また債務整理前に家賃を滞納していると、債務整理することによって滞納した家賃も整理対象になってしまい、家賃を踏み倒す事になり、その結果として今の家に住めなくなってしまうということも考えられます。

債務整理をすると賃貸物件を借りられないのではないかと心配する方もいますが、基本的に債務整理したからと言って賃貸物件が借りられないという制限はないです。

仮に債務整理後に賃貸物件が借りられないということになってしまったら、ホームレスや漫画喫茶に住む人が激増してしまいます。

ただ債務整理したことによって賃貸の入居審査に全く影響がないとは言い切れないです。

債務整理による引っ越しに関する注意点

債務整理引っ越し注意点

債務整理することによる引っ越しの注意点がいくつかあります。

基本的には債務整理したからと言って、引っ越しに大きな影響が出るわけではないですが、100%全く影響がないわけではないので、債務整理と引っ越しを検討してるなら下記を参考にしてください。

自己破産手続き中の引っ越しに許可が必要なケースがある

自己破産すると手続き中は破産者という身分になります。そうなると裁判所の許可を受けないと、その居住地を離れることができないということになっています。

こうしたことを行う背景には財産隠匿などを防ぐなどの目的や、手続きをする際の説明義務などがあります。

とは言っても基本的に引っ越しが許可されないということはないと思うので、そこまで深刻になる必要はないです。引っ越しする際に弁護士や司法書士にあらかじめ伝えておけば問題はないです。

ただ許可を得ずに引っ越すと裁判所から免責を得るのに影響する可能性があるので、忘れないように気をつけましょう。

保証会社が信販系などの場合は注意

債務整理後に引っ越しする際には保証会社が信販系なのかどうかということも注意するといいと思います。

賃貸住宅を契約する際には保証人が必要ですが、おそらく多くの方は保証会社を利用して賃貸契約を結んでいると思います。物件によっては保証会社が指定されているものもあり、その中には「ジャックス」や「オリコ」などの信販会社が含まれていることもあります。

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されてしまい、新たに借金ができなくなったり、クレジットカードが利用できないなどのデメリットが生じます。

これは信用情報機関を通じて債務整理したという情報が金融業者に共有されてしまうからです。

一般的な保証会社は信用情報をチェックすることはないですが、信販会社は金融業者なので事情が違ってきます。

つまり債務整理すると「ジャックス」や「オリコ」などの信販会社には債務整理したことが知られてしまうということです。そうなると信販会社としては債務整理を利用した方の保証人は断る可能性があるため、賃貸契約できないという可能性があいます。

信用情報ブラックリスト
債務整理で信用情報がブラックになるデメリットを徹底解説

債務整理をすると消費者金融や銀行、信販会社などの金融業者から借金ができなくなってしまったり、ローンが組めなくなるというデメリットが発生します。 債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額しても ...

家賃のクレジットカード払いは難しい

家賃の支払いをクレジットカード払いにしようとしている場合には注意が必要です。

これも信用情報のブラックリスト登録が関係しています。

債務整理をして信用情報がブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードが利用できなくなってしまいます。そのため家賃のクレジットカード払いは不可能ということになります。

ちなみに債務整理対象になってないクレジットカードならしばらくは使える可能性がありますが、カード更新の際に債務整理したことがバレてしまうので、結局は利用できなくなってしまいます。

クレジットカード払い以外の方法で決済が可能なら、別の方法で家賃の決済をするようにしましょう。

クレジットカードによる借金を債務整理する方法

クレジットカードではキャッシングによる借金と、ショッピングローンによる借金の返済で行き詰ってしまって債務整理を検討する人は多いです。 クレジットカードは非常に便利でポイントなどもついて便利になっている ...

債務整理による住まいの疑問は無料相談から

債務整理無料相談

債務整理の引っ越しへの影響などについて心配に思うことがあるなら、できるだけ早めに弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するといいと思います。

債務整理前後での引っ越しはそこまで大きな影響はないですが、それでも利用する債務整理方法によっては全く影響がないわけではなく、資産状況や収入状況によっては思わぬ影響があるかもしれないです。

そのため無料相談を利用してあらかじめ弁護士や司法書士に詳しい話を聞いておくと安心だと思います。

無料相談では引っ越しなどへの影響だけでなく、それぞれの債務整理手続きの詳細や依頼費用の見積もり、手続き期間がどの程度になるのかなど、気になることを色々知ることができます。

無料相談については最近はメールや電話で気軽に無料相談できる事務所が多くなってきており、事務所に出向かなくても気軽に話を聞けるようになっています。

メールや電話による相談なら「債務整理するかわからないけど、話だけは聞いてみたい」という方も利用しやすいと思います。

もし相談先で悩んでいるなら下記が参考になると思うのでよかったらご覧ください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
アイフル
レイクアルサ
SMBCモビット
レイクアルサ

-初めての債務整理はこちら

© 2020 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2020年最新】 Powered by AFFINGER5