初めての債務整理はこちら

家賃滞納は債務整理できるのか?【立ち退きや賃貸契約の影響】

借金を返済することができず、家賃を滞納してしまってどうしようもない状況になってしまったという方は珍しくないです。

家賃は毎月支払うもので、金額も大きいので借金返済に行き詰ってしまっているような状況だと滞納してしまうというのも無理のないことです。

ただ家賃を滞納すれば家を出ていかなければならないです。まあ、家賃を滞納し続ければ家を出ていくのは仕方のないことです。

しかしだからといって滞納した家賃を払わなくていいということにはならないです。

そもそも家賃を滞納するとどうなるのでしょうか?

家賃滞納よるデメリット

家賃滞納デメリット

家賃滞納をするとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

「何となくデメリットがある」というのは理解している方も多いと思いますが、具体的にどのようなデメリットがあるのかを正確に把握してない方は結構多いです。

下記でまとめたのでよかったら参考にしてください。

強制立ち退きの可能性がある

家賃を滞納すると立ち退きなどで物件から追い出されてしまいます

まあ、当然ですよね。家賃を払わなかったら家から追い出されるのは仕方のないことです。

大家さんもボランティアでやっているわけではく、家賃から生活費を賄っている方も多いので、家賃がないと生活することができないという方も多いです。

とはいっても滞納したらすぐに強制立ち退きを迫られるのではなく督促状裁判所などへの申立てを経て、強制立ち退きを迫られます。

給料など資産を差し押さえられる

家賃滞納すると単純に強制立ち退きを迫られるだけでなく、裁判で滞納金の支払いを命じる判決がされているようであれば、給料や資産を強制執行で差し押さえられてしまいます

単純な立ち退きよりも強制執行されてしまう事の方が厄介だともいます。

資産はともかく、給料が差し押さえられてしまったら、その後の生活に大きな影響を与えることになり、場合によっては生活することが困難になる可能性もあります。

裁判では家賃滞納をしているこちらが勝つことはないので、裁判後はほぼ間違いなく強制執行されてしまいます。

連帯保証人に請求が行ってしまう

賃貸契約の際に連帯保証人を求められると思います。そのため家賃滞納していて本人に支払い能力がないということになると、連帯保証人に支払いを求めることになります。

そのため連帯保証人に迷惑がかかってしまうことになります。

連帯保証人とすれば、賃貸契約のためにせっかく保証人になったのに、そのことによって借金を背負わされてしまったのでは、人間関係が破綻する可能性もあります。

連帯保証人の資産も差し押さえられてしまったのでは最悪なので、せめて事前にしっかりと連帯保証人には話を通しておくことが重要になります。

滞納による遅延損害金が発生する

家賃滞納をすると、決まった期日にお金を払わなかったということで遅延損害金が発生することになります。

基本的に契約書に遅延損害金についての記載がないなら、5%~6%の法定利率による利息を請求されることになります。

つまり家賃滞納が長期化してしまうと、それだけ遅延損害金の額も大きくなってしまうので、借金負担はどんどん増えていってしまうということになります。

滞納した家賃をを払えないなら債務整理検討しよう!

家賃滞納債務整理

家賃滞納して払えないような状況で、大家さんや管理会社から督促状などが届いて強制執行などの可能性がある場合には、早めに債務整理をして対策を講じる必要があります。

家賃滞納をそのままにしていると、上記のように強制執行されたり、連帯保証人に迷惑がかかったり、遅延損害金でさらに負担が大きくなってしまいます。

債務整理をするとそうした家賃滞納の問題を解決する糸口になります。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法があるのでそれぞれ簡単に解説しようと思います。

任意整理の場合

任意整理は債権者と交渉して返済条件を変更してもらったり利息を免除してもらうなどして返済負担を軽くしてもらうという債務整理方法です。

そのため任意整理で家賃滞納を整理する場合には、弁護士や司法書士が大家さんや管理会社、保証会社などと交渉して返済負担を軽くしてもらうということになります。

任意整理は債務整理対象を選択することができるので、現在の家に住み続けたい場合には、家賃以外の借金を整理して、返済負担を軽くしたところで、滞納した家賃を支払っていくという方法も考えられます。

そのため任意整理は利用の仕方によっては、借金を減らしながら現状の生活を守る手段になります。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリットをわかりやすく説明

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

個人再生の場合

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、任意整理とは違って元本から借金をごっそりと減額できる強力な債務整理方法です。

最大で借金を10分の1まで減額させることができるので、借金が多い方向けの債務整理方法になります。

ただ個人再生は債務整理対象を選ぶことができないので、家賃滞納も債務整理対象になってしまいます。

債務整理で支払い負担は減りますが、家賃の一部を踏み倒すことになってしまうので、そのまま住み続けることは難しいかもしれないです。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

自己破産の場合

自己破産は債務整理手続きの中でも一番有名な手続き方法で、裁判所で手続きして免責を認めてもらうことができれば、借金返済の義務がなくなるという最強の債務整理方法です。

そのため自己破産すれば滞納していた家賃の支払いも免除されることになり、遅延損害金などを気にする必要はなくなります。

とはいっても他の債務整理方法にも共通するのですが、債務整理で滞納した家賃を踏み倒すと、その分の支払い請求がが連帯保証人に行ってしまうということは知っておきましょう。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

債務整理をすると立ち退きを求められるのか?

債務整理家賃立ち退き

債務整理をすると滞納した家賃の踏み倒すことになってしまうので、大家さんなどからすると非常に大きなデメリットになります。

債務整理をして滞納家賃を踏み倒せば、立ち退きを求められるのは当然と言えば当然だと思います。

ただ法的に債務整理をすると強制立ち退きということが決まっているわけではないので、大家さんの判断でそのまま住める可能性もあります。

具体的には、債務整理によって借金が整理されることによって今後の支払いが見込めると判断されたり、債務製整理によって滞納家賃の分割払いで合意できたりなど、状況によっては大家さんが住むことを認めてくれることもあります。

そのため任意整理なら交渉する弁護士や司法書士によっては住み続けることが可能かもしれないです。

しかし個人再生や自己破産などの滞納家賃を元本からがっつりと減額するような債務整理方法だと、そのまま住み続けるのは難しいかと思います。

家賃滞納を債務整理すると信用情報がブラックリストに載る

家賃滞納債務整理ブラックリスト

家賃滞納を債務整理すると、信用情報がブラックリストに載るというデメリットが発生します。

信用情報は借金の履歴のようなもので、この信用情報は信用情報機関を通して他の金融業者などにも共有されてしまうので、色々なデメリットが生じることになります。

具体的にはクレジットカードが利用できなくなってしまったり、ローンが組めなくなってしまったり、借金できなくなるなどのデメリットが生じることになります。

これは任意整理、個人再生、自己破産など債務整理手続きに共通するデメリットなので、債務整理をするなら受け入れなくてはならないものです。

ただこのデメリットは期間限定なので、数年経過するとブラックリストからは削除されて、普通にローンやクレジットカードは利用できるようになります。

あくまでも一時的なデメリットとして理解しておくといいです。

信用情報ブラックリスト
債務整理で信用情報がブラックになるデメリットを徹底解説

債務整理をすると消費者金融や銀行、信販会社などの金融業者から借金ができなくなってしまったり、ローンが組めなくなるというデメリットが発生します。 債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額しても ...

債務整理後に新たに賃貸契約を結ぶことは可能か?

債務整理後賃貸契約

債務整理したことによって、それまで住んでいた家を強制立ち退きになってしまった場合に、次の家を探す必要があります。

ただ信用情報がブラックリストに登録された状態で賃貸契約を結ぶことは可能なのでしょうか?

結論を言ってしまうと、信用情報がブラックリストに登録されていたとしても賃貸契約を結ぶことは可能です。

ブラックリストの影響を受けるのはローンやクレジットなど借金をする場合なので、賃貸契約のようなケースでは影響を受けることはないです。

ただ家賃の支払いがクレジットカードの場合だと、債務整理でクレジットカードが利用できないので契約を断られる可能性があります。

また保証会社を利用しないといけないようなケースだと、ブラックリストの影響で保証会社の審査に通らないという可能性があります。

そのためクレジットカードで決済する場合や、保証会社が必要な場合だと、賃貸契約を結ぶのが難しいということは知っておきましょう。

まとめ

債務整理家賃滞納まとめ

家賃滞納していて返済することが難しい場合には早めに債務整理などを検討してしてしまった方がいいです。

躊躇していると裁判になって強制執行で資産や給料などが差し押さえられてしまう可能性があります。

問題を先き送りにすることで解決することができるならいいですが、家賃は遅延損害金が発生するので、時間が経過すると余計に借金負担は重くなってしまいます。

債務整理したら立ち退きに遭うかもしれないですが、滞納を続けて強制執行されたらどのちみ退去することになります

そのため家賃滞納の返済が難しいなら、早めに専門家である弁護士や司法書士に相談するといいです。

当サイトでは家賃滞納を含めた借金問題について無料相談を行っている弁護士や司法書士を地域別にランキングにしてまとめているので参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.