債務整理法律事務所ランキング画像

借金返済事例

妊娠して働けない場合の借金返済方法を徹底解説!

投稿日:

妊娠して働けない状況になると収入が減ってしまうので、それまで返済していた借金が急に返済できなくなるということは普通にありえることです。

妊娠中から借金を返済してた場合はもちろんですが、妊娠中に夫に隠れて返済していた借金があったりした場合、妊娠をきっかけに働けなくなり、返済できなくなってしまったということはあります。

そういった妊娠によって働けなくなって収入が途絶えてしまった場合にどのように借金返済していけばいいのでしょうか?

妊娠中で働けなくても借金返済は緩和されない

妊娠中働けない

少子高齢化が進んでいる現在では妊娠している人は非常に大事な存在で、国としても妊婦を大事にするような社会作りを行っています。

しかし妊娠中で働けなくても借金返済は別ということです。

妊娠中だったとしても借金はしっかりと返済していく必要があるということです。

妊娠中は借金返済が免除されるような法律があればいいのですが、実際にはそういった法律はなく、出産後に妊娠中の借金の利息が増えるだけでなく、育児の費用も必要になり、さらに生活が厳しくなる可能性があります。

では妊娠して働けなくなった場合にどのようにして借金返済を緩和すればいいのでしょうか?

妊娠中の借金返済は債務整理を検討しよう

妊娠中債務整理

妊娠中には出産のことを考えて働けないのは当然のことですが、借金問題で心労を増やすと、母子共にいい影響はないです。

そのため妊娠中で働けないような場合には弁護士に債務整理の相談をするといいです。

債務整理は個人で手続きすることもできますが、弁護士に手続きを依頼することで色々なメリットが生じます。

債務整理手続き中は借金返済が猶予される

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士が債権者に受任通知を送付して取立てをストップしてくれます。

そのため弁護士が債務整理の手続きしている間は、借金返済の必要がないので生活を立て直すきっかけになります。

債務整理の方法によっては手続き後に借金を返済する必要があるものもありますが、返済条件は緩和されており、かなり返済の負担は軽くなっていると思います。

妊娠後に仕事復帰できるなら任意整理か個人再生

妊娠借金仕事

妊娠中で働けない場合の借金を債務整理する場合に、どのような債務整理方法を選択したらいいのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

借金の状況や夫の収入状況によっても最適な債務整理法は違ってきますが、世帯で一定の収入があり、返済条件が楽になれば返済できるような状況なら、任意整理個人再生を選択するといいです。

任意整理で妊娠後の借金を軽くする

任意整理は弁護士費用も安く、利用条件が一番軽い債務整理方法になっており、借金返済で夫の協力が得られるような場合に利用を検討したい債務整理方法です。

任意整理を利用することで利息が免除されたり、借金が減額する可能性があるので、手続きすると毎月の返済が楽になります。

手続き後にも返済する必要があり、借金元本の減額効果は高くないので、あまり借金の金額が高い場合にはオススメできないです。

ただ出産後に働くという場合には、任意整理でも十分な可能性があるので、まずは弁護士の無料相談を利用して検討するといいです。

参照:任意整理について

個人再生で妊娠後の借金を大幅に減額する

個人再生は任意整理よりも借金の減額率が高いですが、弁護士費用は高額という債務整理方法になります。

手続き期間も任意整理より長く、その分だけ妊娠中の返済免除期間が長いです。

個人再生の場合だと借金が最大で10分の1まで減額することができるので、借金が数百万円や数千万円あったとしても、かなり借金を圧縮できます。

ただ借金が全額免除されるわけではないので、出産後に働くことや、夫の協力が必要になってきます。

借金の金額が大きい場合には任意整理よりも個人再生を検討するといいです。まずは弁護士の無料相談を利用しましょう。

参照:個人再生について

働けなくて収入がない場合は自己破産を検討

働けなくて収入がない妊婦

シングルマザーで出産後にすぐに働くことができないような状況の場合には自己破産を検討するといいです。

夫の協力が見込めて、毎月返済できる可能性があるなら、任意整理や個人再生を選択することも考えられますが、そうでない場合には自己破産を考えましょう。

自己破産を選択すると何となく後ろめたい気持ちになりますが、妊娠中に借金問題で不安定な状況でいるよりは、しっかりと借金を整理して出産に集中したほうがいいです。

働けない場合は自己破産と生活保護を考えよう

妊娠中は働けないのはもちろんですが、出産後には育児などによって働けない期間が長くなる可能性があります。

そのため自己破産と合わせて生活保護も検討するといいかもしれないです。

子供がある程度成長して働けるようになったら、生活保護を止めて就職するといいです。

借金の金額や世帯の状況によって最適な債務整理方法は違ってくるので生活保護などを含めて、弁護士等の専門家に相談しておくといいです。

参照:自己破産について

妊娠中に夫や家族に内緒で債務整理することも可能

妊娠中家族に内緒債務整理

夫や家族に内緒の借金があり、妊娠する前までは普通に働いて返済することができたけど、妊娠することによって、働けなくなってしまいその結果、借金がバレるのではないかと不安に思う人は少なくないです。

債務整理はそういった家族や夫に内緒の借金も債務整理することができるので、一度は弁護士の無料相談を利用するといいです。

妊娠中に不安を抱えていると体に良くないので、妊娠を一つのきっかけにして債務整理をして借金をすっきりさせることも検討するといいです。

任意整理等を利用すると、資産を手放すことなく債務整理することができるので、家族にバレることはないです。

また弁護士に債務整理すると手続き期間中は債権者から取立の連絡もなく返済の必要もないので出産に集中できます。

妊娠して働けないので借金返済できないなら無料相談を使おう!

妊娠して働けない無料相談

妊娠によって働けないような状況になり、借金返済が難しい状況になったら弁護士の無料相談を利用して、借金問題について相談するといいです。

すべての弁護士事務所で無料相談を行っているわけではないですが、債務整理に慣れている弁護士事務所では借金問題について無料相談を受け付けている所があるので相談するといいです。

相談するだけなら無料で利用できるので、働けない状況ならとりあえず専門家に状況を説明しましょう。

相談した結果、債務整理したほうがいいなら検討するといいですし、必要ない場合にはアドバイスを貰って今後の参考にするといいです。

当サイトでは借金返済について無料メール相談を受け付けているオススメ弁護士事務所を載せています。

電話や訪問相談は敷居が高いので、メールで気軽に相談できる事務所をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-借金返済事例

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士比較ランキング(借金返済問題解決) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.