初めての債務整理はこちら

夜逃げで借金の時効は期待できる?【家族や仕事への影響】

夜逃げをする人はいつの時代にもいますが、その理由は大きく分けて2つあるのではないかと思います。

一つはストーカーやDVなどによって身辺に身の危険が迫っており、自分を守るために夜逃げして身を隠すというケース、二つ目は借金問題を抱えて返済の見込みが立たないので夜逃げして借金から逃げるというケースです。

ストーカーに関しては警察への相談が重要ですし、DVはシェルターや相談ナビなどもあるので活用すべきです。

借金問題関しては時効を期待するよりは、債務整理などを利用してしっかりと借金と向き合い整理することを検討したほうがいいです。

ただ昔と違って現在は夜逃げをする方は多くはないと思います。しかしそれでも実際に夜逃げする人はいます。ここでは借金問題で夜逃げする方について詳しく解説しようと思います。

借金苦で夜逃げする人は実際にいる!

借金苦で夜逃げ

借金苦で夜逃げと聞くと、昔というイメージがある人もいるかもしれないですが、今でも借金苦で夜逃げする人は実際にいます。

借金苦というのはなかなか根深い問題で、返済できないとどんどん金利で借金が増えてしまってどうしようもなくなるというのが現実です。

実際に私の友人の知人にも借金で夜逃げして行方がわからないという人もいるので、意外と回りにそういった人がいても珍しくないかもしれないです。

一般的な借金なら債務整理で問題を解決することができると思いますが、闇金などでお金を借りてしまったようなケースだと、債務整理で借金問題を解決できないこともあります。

そのため闇金からお金を借りてしまった方は、精神的なプレッシャーに耐えることができずに、夜逃げしてしまうというケースもあるかもしれないですね。

借金で夜逃げをする理由とメリットとは

借金夜逃げメリット

借金苦で夜逃げをするのは単純に借金から逃げるためということもありますが、明確に目的があって夜逃げをするというケースがあります。

それは借金の時効を得るために夜逃げをするというケースや闇金や税金などの支払いから逃れるためというケースがあります。

借金の時効目的の夜逃げは無意味?

借金には時効があり、時効が経過すると借金の支払い義務がなくなるので事実上借金がなくなることになります。

そのため時効を得るために夜逃げをして支払いからの逃れるという方もいます。借金の時効は5年から10年と決まっているので、これを目安に夜逃げをする方もいます。

ただ結論を言ってしまうと、時効は途中で中断できる要件があるので、夜逃げをしても意味がないです。

借金の時効に関して、時効の中断があるので5年から10年で必ずしも時効が成立するという保障はないです。そういった意味でも時効目的の夜逃げは賢い選択ではないです。

闇金や税金の支払い逃れのための夜逃げ

闇金からの借金や税金の支払い逃れのための夜逃げに関しては少し事情は異なってきます。

闇金からの借金や税金に関しては債務整理しても支払いが免除されないので、金額が大きくて払える見込みがないという方は、解決方法が見つからず夜逃げしてしまうこともあります。

ただ闇金に関しては確かに債務整理では解決できないかもしれないですが、闇金対応している弁護士や司法書士がいるので、夜逃げせずに専門家に相談して解決してしまったほうが手っ取り早いです。

税金に関しても時効はありますが、税務署が税金滞納をそのままにして時効を成立させることはまずありえないので、夜逃げしたくらいでスムーズに時効が迎えられるかは疑問です。

当然ですが税金に関しては督促状や差し押さえによって時効経過期間がリセットされます。税金に関しては相手は国なので、国相手にずっと逃げ続けることは困難だと思います。

夜逃げして借金から逃げるデメリット

夜逃げ借金デメリット

夜逃げして借金から逃げるデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

個人的には結構大きなデメリットがあると感じています。

住民票のない生活をすることになる

夜逃げをする際には多くの場合は市役所に転出届けを提出せずに行うことになります。住民票をたどれば夜逃げ先が特定されるのでそれを避けるためにも転出届けを出さないのが普通です。

債権者は債務者の住民票の開示を自治体に請求する権利があるので、転出届けを出すと簡単に居場所を知られます。

ただ転出届けを出さないと住民票がない生活を余儀なくされてしまうので、いろいろなデメリットを受けることになります。

住民票がないと公的支援を受けるのが難しくなったり、就職などにも影響が出てしまう可能性があります。

保証人に迷惑をかけることになる

連帯保証人を含めた保証人が設定されているような借金から夜逃げすると、当然ですが借金の督促が保証人や連帯保証人に行くことになります。

保証人や連帯保証人は近しい人がなってくれているケースが多いので、夜逃げすることによってそういった近しい人に迷惑をかけることになります。

一般的には家族が保証人や連帯保証人になっていることが多いので、夜逃げすることで家族が借金をかぶることになり、その後、家に戻ったとしても居場所がなくなっている可能性もあります。

このように夜逃げすることによって、人間関係が壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。

借金問題はいつまで経っても解決しない

夜逃げで借金から逃れたとしても、簡単には借金の時効は成立しないです。

借金の時効にはリセット要件があるので、夜逃げを続けたとしても借金の時効がいつになるかわかりません。

そうなると借金問題はいつまで経っても解決しないことになります。先の見通しが立てられない状況は非常にきついので、かなり大きなデメリットと言えると思います。

また、そもそもこれだけネットやSNSが発達した時代で簡単に夜逃げができるとは思えないです。

夜逃げするなら債務整理を検討しよう!

夜逃げ債務整理

夜逃げして借金から逃れようと思っているなら、早めに債務整理を検討して借金を整理してしまった方がいいです。

消費者金融やカードローンなどの一般的な借金なら、自己破産することによって返済負担を一気に解消することができるので、何年も借金の時効を待つ夜逃げよりは全然効率的に借金を減らすことができます

債務整理には自己破産以外にも任意整理や個人再生などの手続方法があるので、借金問題を抱えているなら、収入や借金額、資産状況などを考慮して利用する債務整理を方法を考えてみてはどうでしょうか。

今の時代だと夜逃げしたとしてもそのまま逃げ切れる可能性は非常に低いので、逃げることに時間を費やすなら、弁護士や司法書士のちからを借りて、合理的に借金を整理してしまったほうが確実です。

依頼費用が手元にないという方も多いですが、債務整理に関しては弁護士や司法書士も依頼者にお金がないことはわかっているので、支払い方法については柔軟に対応してくれることが多いです。

借金問題の解決は弁護士や司法書士の無料相談から!

夜逃げ債務整理無料相談

夜逃げするくらい借金問題で追い詰められているなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談の利用を検討してはどうでしょうか。

法律事務所への相談は通常なら有料ですが、借金問題に関しては無料相談が可能な事務所は多いので、こういったサービスを活用するのは大事なことです。

債務整理を活用することによって、夜逃げしなくても借金問題を解決できる可能性は十分にあるので、とりあえず話だけでも聞いてみてはどうでしょうか。

借金理由がギャンブルや浪費、株やFXなどの投資とかだと債務整理できないのではないかと思っている方もいますが、そういったことはないです。

当サイトではそんな借金問題の無料相談に対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

事務所に行かなくてもパソコンやスマホから簡単に無料相談できる事務所を載せているので参考になると思います。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
アイフル
レイクアルサ
SMBCモビット
レイクアルサ

-初めての債務整理はこちら

© 2020 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2020年最新】 Powered by AFFINGER5