初めての債務整理はこちら

債務整理した場合の連帯保証人や保証人への影響【迷惑をかけない】

債務整理をすると借金返済の負担が軽くなったり、借金返済の義務がなくなったりするので、借金問題解決の糸口になります。

そのため借金返済で困っているなら債務整理を利用して借金整理することが最善の方法です。

しかし借金の中には保証人や連帯保証人が設定されているものがあり、そういった借金を債務整理すると、保証人や連帯保証人に迷惑をかけてしまう可能性があります。

では債務整理で保証人や連帯保証人に迷惑をかけない方法はあるのでしょうか?

債務整理をすると保証人や連帯保証人への影響は避けられない

債務整理連帯保証人影響

債務整理をすると借金返済の負担が軽くなりますが、その分だけ、その負担が連帯保証人に請求されることになります。

そのため連帯保証人や保証人が設定されているような借金がある場合には、その借金を債務整理しても大丈夫なのか一度考えてから実行するようにしましょう。

任意整理の場合

任意整理は弁護士や司法書士などの法律の専門家が、借金している金融業者などの債権者と交渉して、借金の利息を免除してもらったり、返済期間を長くしてもらって、毎月の返済額を軽くしてもらうという債務整理方法です。

任意整理は元本が大幅に減額するという債務整理方法ではないので、手続きをしたとしても、保証人や連帯保証人にとんでもない金額の請求が行くということはないですが、それでも保証人や連帯保証人に迷惑をかけてしまいます。

ただ利息のカットくらいだと、金融業者の方ではすでに利益が出ているので、状況によっては連帯保証人に連絡してまで請求しないということもあります

この辺りはケースバイケースだと思います。事前に任意整理を交渉する弁護士や司法書士に確認しておくといいと思います。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリットをわかりやすく説明

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

個人再生の場合

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、任意整理とは違って借金を元本から減額することができるので、借金額が大きい場合には非常に重宝する債務整理方法です。

ただ借金の減額幅が大きいということは、その減額された分が、保証人や連帯保証人に請求されることになるので大きな負担になります。

個人再生の場合は借金額によっては、借金を10分の1まで減額することができますが、そのため場合によっては本人よりも連帯保証人の方が返済額が大きくなってしまう場合もあります。

個人再生のような元本が減額されるような債務整理方法の場合は、任意整理とは違って間違いなく保証人や連帯保証人に影響が出ると思ったほうがいいです。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

自己破産の場合

自己破産は有名な債務整理方法なので名前くらいは聞いたことがある方も多いと思います。

自己破産も裁判所で手続きを行う債務整理方法で、裁判所が免責を認める判断を出すと、借金返済の義務がなくなるので、借金問題が一気に解決するという非常に強力な債務整理方法です。

ただ自己破産すれば借金返済の義務がなくなる一方で、その分の借金が保証人や連帯保証人に請求されることになるので大きな迷惑をかけることになります。

特に自己破産するようなケースだと借金額も大きいと思うので、場合によっては連帯保証人の方も払いきれないケースが発生することも珍しくないです。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

保証人と連帯保証人の違いとは

債務整理連帯保証人保証人違い

保証人と連帯保証人について混同している方も少なくないですが、連帯保証人の方が法的な責任が重くなります。

保証人の場合だと、借金返済の督促があった場合で借金している本人に資産があるようなケースだと「借金している本人からまずは取り立ててください」と言って支払いを拒む「抗弁権」というものがあります。

しかし連帯保証人の場合はこうした抗弁権がないので、借金返済を求められたら抗うことはできないです。

また保証人が2人いる場合で負担額100万円の場合だと、保証人はそれぞれ50万円ずつ負担することになり、それ以上請求されることはないですが、連帯保証人の場合は、それぞれ100万円の保証債務を背負うことになり、借金した本人か連帯保証人の誰かが全額返済すれば借金はなくなります。

このように連帯保証人は借金している本人と同じような負担を背負い込むことになるので、「連帯保証人には絶対にならないほうがいい」というのはこういった理由からきています。

連帯保証人が必要な借金事例

連帯保証人借金

連帯保証人が求められる借金はいくつかのケースが代表的な事例としてあります。

普通のカードローンやクレジットカードのキャッシング機能くらいなら連帯保証人は求められないですが、金額が大きい契約の場合は求められる場合が多いです。

具体的には奨学金や賃貸契約、住宅ローンなどがわかりやすくい事例だと思います。

奨学金での連帯保証人への債務整理による影響

連帯保証人が設定されている借金で近年大きな問題になっているのが奨学金です。

奨学金は連帯保証人が設定されている普通の借金ですが、何となく「奨学金なら…」ということで安易に借りる人が多いです。

もちろん大学卒業後に就職して普通に返済できるなら問題ないですが、就職に失敗したり、途中で退職してフリーターになってしまったりしたら、返済のめどが立たなくなる可能性があります。

実際に若者の中には奨学金が払えなくて自己破産するケースも多く、連帯保証人である親も払えなくて、親子一緒に自己破産するケースもあります。

奨学金債務整理
奨学金を債務整理で減額したり免責して返済する方法

奨学金返済ができなくなってしまって債務整理で奨学金を減額したり免責してもらって返済する方法についてまとめています。 奨学金が返済できなくて滞納してしまっている人は多いです。そうした中でどのようにして奨 ...

賃貸契約での連帯保証人への債務整理による影響

賃貸物件を購入する場合にも連帯保証人が必要になってきます。

実際に一人暮らしする場合で、アパートやマンションなどの賃貸契約をする場合に連帯保証人を求められると思います。

貸主からすると家賃を滞納されたり、部屋を乱暴に使われたり、設備を壊されたら損失になるので、そういった保証のために連帯保証人を設定するのは当然です。

ちなみに滞納した家賃も債務整理で整理することができるので、当然ですがその際に貸主に損害が出れば連帯保証人に請求が行くことになります。

ただ奨学金ほどは負担が大きくないと思うので、連帯保証人も何とか支払えるというケースが多いです。ただ大きな迷惑をかけることになるのは間違いないです。

債務整理家賃滞納
家賃滞納は債務整理できるのか?【立ち退きや賃貸契約の影響】

借金を返済することができず、家賃を滞納してしまってどうしようもない状況になってしまったという方は珍しくないです。 家賃は毎月支払うもので、金額も大きいので借金返済に行き詰ってしまっているような状況だと ...

住宅ローンでの連帯保証人への債務整理による影響

住宅ローンについては必ず連帯保証人が求められるというわけではなく、住宅ローンの審査によって、状況によっては連帯保証人が求められるという感じになります。

具体的には借り入れに対して収入が少なく、勤続年数が短かったり、自営業の場合などが分かりやすい例だと思います。

ただ住宅ローンのような数千万円の借り入れが必要なケースだと、個人に連帯保証人を頼むというよりは、保証会社を利用するというケースが多いと思います。

住宅ローンの場合だと、個人再生の住宅ローン特則を利用すると、住宅ローンの借金をそのままにして他の借金を減額するという方法もあるので、自己破産を利用しなければ保証人に迷惑をかけずに債務整理可能です。

連帯保証人が借金返済できない場合はどうする?

連帯保証人借金返済できない

連帯保証人が設定されいている借金を債務整理すると、連帯保証人の方に借金返済の請求が行くことになりますが、連帯保証人に支払い能力がない場合はどうなるのでしょうか?

連帯保証人をお願いした当時は収入があっても、現在は会社を退職して年金暮らしになっているというケースもあります。

また借金額が大きすぎて連帯保証人にも払いきれないというケースもあります。

その場合は連帯保証人も債務整理をする必要に迫られることになります。

実際に奨学金を自己破産する場合だと、連帯保証人である親も奨学金を払える経済力がないということで、親子で自己破産するケースも珍しくないです。

借金した本人と連帯保証人が一緒に自己破産してしまえば連帯保証人が設定されている借金も返済義務が消滅します。

連帯保証人に迷惑をかけない債務整理方法とは

連帯保証人迷惑をかけない

債務整理をすると連帯保証人に減額された借金の分が請求されることになるので迷惑が掛かってしまいますが、債務整理方法によっては、連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理することが可能です。

それは任意整理を利用することです。

任意整理は個人再生や自己破産とは違って、債務整理する借金の対象を選ぶことができるので、連帯保証人が設定されている借金以外を債務整理で減額するという方法も可能です。

そのため連帯保証人が設定されている借金はそのままにして、それ以外の借金負担を軽くして、その分を連帯保証人が設定されている借金の返済に回すということもできます。

連帯保証人が設定されている借金以外にも借金を抱えている場合には、任意整理を利用することで連帯保証人に迷惑をかけずに返済負担を軽くすることが可能です。

まとめ

債務整理連帯保証人まとめ

連帯保証人が付いている借金は債務整理すると連帯保証人に請求が行って迷惑をかけてしまうので、なかなか債務整理することができないです。

昔はそういったことを気にせずに奨学金とかを連帯保証人付きで借りている方が多かったですが、就職氷河期で奨学金を返済できずに苦労している方が増えたという背景もあり、安易に奨学金を連帯保証人になることをためらう方も増えたのではないかと思います。

こういった背景があるためか、近年は連帯保証人を求められたら保証会社を利用する方が増えたような感じがします。

連帯保証人が設定されている借金でも、保証人が保証会社なら家族に迷惑をかけずに債務整理することができるので、借金している側としても精神的に楽です。

ただ既に親せきや友人などが連帯保証人になっている借金を債務整理するくらい追い詰められているようなケースなら、できるだけ早めに連帯保証人に相談して事情を説明したほうがいいです。

少なくとも黙っていきなり債務整理するということはやめておいた方がいいです。そうなると後になってトラブルになります。

そういったことも踏まえて連帯保証人による借金を債務整理するなら、事前に弁護士や司法書士などの専門家に相談するといいです。

下記では無料相談できる弁護士や司法書士をランキングにしています。ランキングの法律事務所は無料相談に対応しているので、まずは気軽に無料相談を利用して話を聞いてもらうといいです。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.