債務整理法律事務所ランキング画像

債務整理の種類と手続き

債務整理後にクレジットカードを作成したり更新する方法とは

投稿日:

債務整理後のクレジットカードの取扱いについては意外と詳しく知らない人も多いんですよね。

債務整理後のクレジットカード利用については結構重要な項目で、任意整理や個人再生、自己破産などに共通する問題になってくるので、できるだけ詳しく知っておくといいと思います。

債務整理後に後悔しないためにも、債務整理後にどのようにクレジットカードを取り扱ったらいいのか下記から参考にしてください。

債務整理後はクレジットカードを最低5年間使えない

債務整理後クレジットカード使えない

債務整理をするとクレジットカードやキャッシング、ローン等による借金が減額されたり、免責されたりします。

しかしお金を貸しているクレジット会社やローン会社からすると借金を踏み倒されるわけなので金融事故になります。

そのため現在利用しているクレジットカードが利用できなくなるのは当たり前ですよね。

またクレジットカードによる借金がなかったとしても、カード更新の際に断られることもあります。

このような金融事故の記録は、金融会社が登録している民間のデータベースにブラックリストとして登録されます。

有名な個人信用情報機関

・CIC(株式会社シー・アイ・シー)

・JICC(株式会社日本信用情報機構)

・KSC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)

大手や中小の金融機関はこういった信用情報機関に登録しているのでブラックリストの情報は共有されることになります。

クレジットカードを作る際には上記のような信用機関に照会して金融事故を起こしてないか調べられるので、新たにクレジットカードを作るのが難しくなるのです。

債務整理後にクレジットカードを作成する方法とは

債務整理後クレジットカード作成方法

債務整理後にクレジットカードがなくて不便だという人は多いです。

債務整理をすると基本的に最低でも5年間はクレジットカードを新たに作ることができなかったりするので生活面で苦労する可能性はあります。

クレジットカードについては5年から10年くらい経過すれば普通に信用情報のブラックリストから削除されるので、問題なくカードを作れることになります。

ブラックリストから削除される期間は債務整理方法や信用情報機関によって違ってきます。

・CIC:任意整理 5年/自己破産 7年

・JICC:任意整理 5年/自己破産 10年

・KSC:任意整理 5年/自己破産 10年

ただ債務整理した会社や系列サービスに申し込むと、5年以上経過していても断られる可能性があります。

社内ブラックだと5年経過しても作成できない!

信用情報機関による共有データは5年から10年で削除されますが、債務整理によって直接被害を受けた会社には、その情報が社内ブラックリストとして残されることになります。

他の会社は共有情報から削除されれば調べる術はないですが、直接被害を受けた会社にはその情報はずっと残ることになります。

そのため任意整理で5年経過したとしてもクレジットカードを新たに作ることができない可能性が高いです。

とは言っても、ずっと作成できないわけではなく10年以上経過するとさすがに作れるようになってくるようです。

ただこの社内ブラックはその会社の系列企業とかにも影響を受けるので、大きなグループ企業で社内ブラックになると面倒になる可能性があるので注意しましょう。

債務整理後にクレジットカードを更新することは可能なのか?

債務整理クレジットカード更新

債務整理後に、債務整理の対象になったクレジットカードは使えなくなるので悩む必要はないですが、債務整理の対象になってない、使用してないカードはどうなるのでしょうか?

未使用のクレジットカードは債務整理の対象にはならないので普通に手元に残ることになります。

そのため債務整理後でも普通に利用することができるのですが、クレジットカードは利用期限がありますよね。

債務整理対象になってないクレジットカードは更新可能なのでしょうか?

債務整理対象でないクレジットカードでも更新できない

クレジットカードはカード更新時に利用者の信用情報をデータベースで照会しているので、債務整理をしてブラックリストに掲載されているとすぐに債務整理したことがバレます。

クレジット会社としては債務整理などによって金融事故が発生している人のクレジットカードだと、また滞納される可能性が懸念されるので更新が認められないということになります。

とは言っても更新の時期までは利用できる可能性があるので、それまでは有効に利用するのもいいと思います。

債務整理後のクレジットカード発行なら楽天カード

債務整理後クレジットカード楽天

債務整理後にクレジットカードを作成したいと思う人も多いと思います。

基本的に債務整理後、最低でも5年間はクレジットカードを作れないというのは普通ですが、これはあくまでも信用情報の掲載が5年ということで、法律でクレジットカードが作れないと決まっているわけではないです。

つまり債務整理して間もない時期でも、クレジットカード会社が認めれば普通にクレジットカードを発行してもらえるということです。

楽天カードの審査は通りやすい?

債務整理をして、5年以内でも審査が通ると評判のクレジットカードが楽天カードです。

とは言っても無条件に気軽にカードが作れるということはなく、いくつかの情報を満たしている場合には審査に通りやすくなるようです。

・年収200万円以上

・楽天プラチナ会員である

・配偶者がおり収入が安定している

上記のような条件が必要という噂があります。

ほかにも持ち家や固定電話があると有利という話もあります。

また申込みの際にキャッシング機能を付加しないのもポイントです。

もし債務整理をしており、生活も安定してきているなら申し込んでみるのもいいのではないでしょうか。

クレジットカードの代わりにデビットカードを発行してもらう

債務整理デビットカード

債務整理後のクレジットカード作成について一番現実的なのが、クレジットカードの代わりにデビットカードを発行するという方法です。

デビットカードはクレジットカードとは違って、利用すると直接預金口座からお金が引き落とされるので、口座にお金がないと利用できないです。

そのため債務整理をして金融事故を起こした人でも、割と簡単に審査が通ります

最近はデビットカードも使い勝手が良くなっているので、クレジットカードの代わりに発行してもらうのもありだと思います。

特にVISAデビットカードは、デビットカードに対応してない店でもVISA加盟店だと使えることもあるので使い勝手がいいです。

債務整理後のクレジットカードについて専門家に相談する

債務整理クレジットカード相談

債務整理を検討している人の中は、借金整理後のクレジットカードの取扱いや生活に不安を感じている人の少なくないのではないでしょうか。

やはりこれまで普通に使っていたサービスが使えなくなると不便に感じるようになるので無理のない話です。

そのため債務整理を検討しているなら事前に債務整理に慣れている弁護士に相談しておくといいと思います。

こういった専門家なら債務整理後の生活についても詳しく理解しているので、クレジットカード利用など詳しい方法について相談に乗ってくれます。

また債務整理方法によってもクレジットカードの再発行目安になる期間が違ってくるので、そういったことも含めて相談してはどうでしょうか。

当サイトは債務整理の無料相談を受けている弁護士事務所をいくつか載せているのでご覧ください。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-債務整理の種類と手続き

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.