初めての債務整理はこちら

債務整理のメリット・デメリットをわかりやすく説明

更新日:

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。

債務整理を利用する借金負担が軽くなるということは知っていると思いますが、それ以上にどのようなメリットやデメリットがあるのか手続き前に知っておくことは重要です。

債務整理全体に共通するメリットとは?

債務整理メリット

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、これら手続きに共通するメリットについてまずは確認しましょう。

債務整理全体に共通するメリット

  • 借金返済の負担が軽くなる
  • 借金の取立てや返済の督促をストップできる
  • 債務整理手続き中は借金返済をする必要がない

借金の返済負担が軽くなる

債務整理手続きをすると、どの手続き方法でも借金返済の負担を軽くすることができるので、借金額が大きくて返済に困っているならできるだけ早めに債務整理を検討するといいです。

債務整理は夜逃げとは違い、借金を法的に整理して負担を軽くすることができるので、合法的に借金を軽くすることができます

夜逃げをして借金から逃げるくらいなら、自己破産をして借金を合法的にゼロにしてしまったほうがいいということです。

返済の見込みがない借金は早めに債務整理することで、借金返済につぎ込む時間を新しい生活に注ぐことができます。

借金の取立てや返済の督促をストップできる

債務整理手続きをすると借金の取立てをストップすることができるので、金融業者からの返済の督促を気にする必要がない生活を取り戻すことができます。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に法律事務所が介入したという受任通知を発送することになり、そのことによって借金問題の窓口が法律事務所になるので、個人への取立ては違法になります。

債務整理に強い弁護士や司法書士だと借金の督促を即日ストップしてくれるので、借金の取立てに困っているなら債務整理の利用も考えるといいと思います。

債務整理手続き中は借金返済をする必要がない

債務整理中の借金はどうするの?と思う人もいるかと思いますが、債務整理中は借金を返済する必要はないです。

そのため債務整理手続きは弁護士や司法書士に丸投げして、債務整理手続き期間中に生活を再建するということも可能です。

債務整理方法によって手続き期間は違ってきますが、一番手続きが早い任意整理でも3ヵ月くらいは費用で、個人再生や自己破産だと6ヵ月くらいは必要になるので、結構長い期間借金返済の義務から解放されます。

この返済が必要ない期間に、弁護士や司法書士への依頼料金を貯めることができるので、実は依頼料金の負担はそこまで大きくないです。

債務整理に共通するデメリットとは?

債務整理に共通するメリットとデメリット

債務整理は合法的に借金返済の負担を軽くしたり、借金をゼロにすることができるという非常にメリットの大きい債務整理方法です。

このような都合のいい手続き方法が何のデメリットもなく利用できるわけはないです。。

どの債務整理方法にも借金を軽減するというメリットがありますが、それだけでなく共通するデメリットも存在します。

債務整理に共通するデメリット

  • 信用情報がブラックリストに掲載される
  • 家族や配偶者に影響が出る場合がある
  • 家族や会社に借金を知られる可能性がある

信用情報がブラックリストに掲載される

債務整理をすると消費者信用取引の制限があります。

これは債務整理者となったことが個人情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されることになることです。

信用情報がブラックリストに掲載されると、クレジットカードが利用できなくなったり、ローンが通らなくなったり、新たに借金をすることができなくなります。

ちなみに自分の信用情報について知りたい場合には、信用情報機関に対して開示請求することが可能です。

登録期間は信用情報機関について違いがありますが、おおよそは5年から7年くらいになります。

これは任意整理、特定調停、個人再生、自己破産等のどの債務整理方法でも起こるデメリットなのでしっかりと知っておきましょう。

家族や配偶者への影響とは

債務整理をすることで家族や配偶者へ何かデメリットがあるのかどうか気になる人も多いのではないでしょうか。

基本的には債務整理をしたとしても、家族や配偶者へ何か大きな影響があるとは考えられないです。

とは言っても債務整理すると人が世帯主だったりすると、債務整理の方法によっては家が競売にかけられてしまって、生活が変わってしまう可能性があり、直接的に影響はなくても間接的に影響を受ける可能性があります。

また家族や配偶者が借金の連帯保証人なっているような状況だと、債務整理によって借金返済の義務が家族や配偶者に移行するので注意が必要です。

家族や会社に借金を知られる可能性がある

債務整理をする場合には弁護士や司法書士とやり取りがあったり、裁判所に出向いたりして手続きをするので、家族に債務整理していることを知られて借金問題を抱えていることがわかってしまう可能性があります。

特に個人再生や自己破産のような債務整理方法を利用すると、政府が発行する機関誌の官報に名前や住所が掲載されるので、家族や会社に借金問題を知られる可能性があります。

ただ官報は普通の人は購読してないので、官報によって借金が知られる可能性は高くないと思います。

任意整理の場合は官報に掲載されることはないので、借金を隠したままで債務整理方法も可能です。

債務整理に慣れている弁護士や司法書士だと、家族や会社に知られないように配慮しながら手続きしてくれる事務所もあります。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリットとデメリット

任意整理は債務整理を行う際には一番に候補にあがる債務整理方法です。

一番手軽に行われている債務整理方法なので、金額がそこまで大きくないような場合には任意整理で債務整理をすることになります。

任意整理のメリットは債務整理する借金を選択することや、裁判所を通さずに債務整理できることです。

そんな任意整理にもデメリットはあります。

任意整理のデメリットは上記の債務整理に共通するデメリットの信用情報のブラックリストに加えて、借金の減額効果があまり高くないなども問題があります。

詳しい任意整理のメリットやデメリットについては下記で詳しく載せているので参考にしてはどうでしょうか。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリットをわかりやすく説明

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

個人再生のメリットとデメリット

個人再生のメリットとデメリット

個人再生は、よく企業が倒産した際に報道される民事再生の個人版という感じの手続き方法になります。

メリットとしては借金をした理由が問われないことや、借金が原則5分の1に減額されるということになります。

逆にデメリットは住所や氏名が政府が発行する官報に掲載されることや、手続きが煩雑で難しいということです。

詳しい個人再生のメリットやデメリットについては下記で詳しく載せているので参考にしてはどうでしょうか。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

特定調停のメリットとデメリット

特定調停のメリットとデメリット

特定調停はそこまで頻繁に行われる債務整理方法ではないですが、費用が安いというメリットがあり、また借金の理由が問われないというメリットがあります。

特定調停では簡易裁判所の調停委員会が行う債務整理方法で、ちょっと特殊なタイプの債務整理方法といえるかもしれないですね。

裁判所で行う債務整理方法で、債権者と話し合ったりするので、慣れてない個人からするとちょっと取り組みにくい債務整理方法かもしれないですね。

ただメリットもあるので、まずは下記から詳しい特定調停のメリットとデメリットを参考にしてください。

特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットとデメリット

自己破産を検討する人はかなり借金返済に困っている人だと思います。

自己破産は借金が0円になるので債務整理の最終手段とも言える最強の債務整理方法です。

メリットは言うまでもないですが、借金が免除されるということです。

デメリットは自己破産には条件があり、借金の理由によっては自己破産ができない場合があるということです。

また、すべての借金が帳消しになるので連帯保証人を設定していると、その人に迷惑がかかる可能性があります。

詳しい自己破産のメリットやデメリットについては下記で詳しく載せているので参考にしてはどうでしょうか。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

債務整理は弁護士に任せたほうがいい

債務整理は弁護士に任せたほうがいい

債務整理には上記のように、債務整理の種類別にメリットやデメリットがあるので、最初の債務整理方法の選び方が非常に大事になってきます。

具体的には、借金額が多いのに任意整理を選択した場合に、借金の減額幅が思い通りにならずに、債務整理後でも支払うことが出来なかったり、逆に借金額が多くないのに自己破産を選択するなどは、債務整理選択のミスマッチと言えます。

そういった意味では債務整理をする際にはしっかりと弁護士に相談した方がいいです。

現在では、債務整理について弁護士のほうでも無料相談を受け付けているので予め相談してから行うようにしましょう。

また、債務整理を弁護士に依頼するとメリットが色々あるので、個人でやるよりは確実に弁護士に任せた方が得です。

当サイトでは債務整理に慣れた無料相談を受け付けている法律事務所を載せているので参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.