債務整理の種類と手続き

債務整理による車に関するデメリットを徹底解説

投稿日:

債務整理法律事務所ランキング画像

債務整理をすると現在乗っている車がどのような取扱いになるのか気になる人は少なく無いと思います。

地方だと車が生活の生命線になっていることもあり、債務整理によって車が没収されてしまうのではないかと不安に感じるのは当然のことです。

何となく世間のイメージでは債務整理すると車が没収されると思っている人が多いですが、実際にはそうではないです。

債務整理の方法によって車の取扱いは違う

債務整理方法車

債務整理の方法によって車がどうなるのかは違ってくるんですよね。

債務整理方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という方法がありますが、それぞれ債務整理方法によって車を残すことができたり、没収されたりと対応が違ってきます。

さらに車のローンが残っているかどうかによっても対応が違ってきます。

債務整理をしても生活のために車が必要な場合には、しっかりと債務整理方法による車の取扱いについて知っておく必要があります。

車の取扱いによっては利用する債務整理方法も違ってくると思うので、債務整理方法別に車の取扱いを説明していこうと思います。

任意整理によって車へのデメリットはあるのか?

任意整理車デメリット

任意整理をする場合に車の取扱いについてデメリットがあるのか気にしている人は多いと思います。

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉することで借金を減額させたり、利息を免除してもらうという債務整理方法です。

この任意整理は車へのデメリットが一番小さい債務整理方法だと思っておいて間違いないです。

下記で車のローンがある場合と、ローンの支払が終わっている場合での車の取扱いについて説明しているので参考にしてください。

任意整理で車のローンを支払い終わっている場合

任意整理を検討しているような場合で、すでに車のローンが支払い終わっているような車がある場合の取扱いですが、これといったデメリットはないです。

車のローンが支払い終わっているなら、任意整理をしたとしても車を没収されることはないです。

つまり任意整理しても普通に車を残すことができるということです。

ローンの支払が終わっている場合は任意整理しても車には何の影響もないと思っておくといいです。

任意整理で車のローンが残っている場合

任意整理で車のローンが残っているような場合は注意が必要になってきます。

何もしないと車のローンも任意整理の対象になるので、当然ですが車はローン会社やティーラーによって引き揚げられてしまいます。

ただ任意整理は債務整理対象を選択することができるので、車のローンを債務整理対象から外せば、そのまま車を所有することが可能です。

しかし車のローンを任意整理の対象から外すと、そのまま車のローンは支払い続ける必要があるということは知っておきましょう。

個人再生による車へのデメリットとは

個人再生の車デメリット画像

個人再生への車へのデメリットは任意整理とは状況が違ってきます。

個人再生は裁判所を通して行う債務整理方法になっており、任意整理よりも借金が大きく減額されるので、自己破産以外の債務整理方法では一番借金が多く減る債務整理方法です。

借金の減額幅やデメリットを加味すると、個人的にはかなりバランスのいい債務整理方法だと感じています。

そんな個人再生も車のローンを支払い終わっているか、ローンがまだ残っているかによって車の取扱いが違ってきます。

個人再生で車のローンを支払い終わっている場合

個人再生で車のローンがすでに支払い終わっているような状況なら、そのまま車を保持することが可能です。

裁判所を通して行う債務整理方法なので、何となく車のような高額資産は没収されるのではないかと思う人も多いですが、実際にはそんなことはないです。

とは言っても車という高額資産があると、その分だけ資産があるということになるので、借金の減額幅が小さくなるというデメリットがあることは知っておきましょう。

しかしそれでも車の価値を考えると、車を残しておく方がはるかにメリットは大きいので、そこまで大きなデメリットではないです。

個人再生で車のローンが残っている場合

車のローンが残っているような場合だと、個人再生をすると車を持っていかれると思っておいたほうがいいです。

個人再生は任意整理と違って債務整理する借金を選ぶことができないので、普通に車のローンも債務整理されてしまいます

ただローンが残っている場合で、車の所有権者が信販会社などのローン会社ではなく、販売会社やディーラーの場合には車の引き揚げを拒否することができます。

また、車のローンの残りを自分や親戚などが一括で返済できる場合や、車が仕事上でどうしても必要な場合には手元に残すことができる可能性があります。

この辺りは債務整理の専門家に相談するといいと思います。

自己破産すると車を所有できないデメリットがある

自己破産車デメリット画像

自己破産の場合には任意整理や個人再生とは事情が異なってきます。

基本的に自己破産の場合には高額資産は保有することができないというデメリットがあるので、そういったことを照らし合わせると車を所有できないと思っておいたほうがいいです。

ただ一律で車が保有できないというわけでもなく、状況によって車を保有したまま自己破産することも可能です。

自己破産で車のローンを支払い終わっている場合

自己破産の場合には車のローンが支払い終わっていたとしても、高額資産は債権者に配当として分配されることになるので処分されてしまいます。

ただ車の価値が20万円以下の場合には資産価値がないとみなされてそのまま車を保有することができます。

目安としては初年度登録から10年以上経過しているような車の場合には資産価値がないと判断されてそのまま保有できる可能性が高いようです。

ちなみに車の査定をしてもらったら査定証を発行してもらうといいです。

自己破産で車のローンが残っている場合

自己破産で車のローンがある状況だと、ローンを完済するまでは車の所有権はローン会社などにあるので、普通に車は没収されると思っていいです。

自己破産の場合だと、ローンの支払が終わったとしても資産価値によっては車が没収されるので、車を残すのは非常に難しいです。

ただ田舎などで車が無いと生活できないような状況の場合には、特例として債権者の同意などを得て、第三者が車のローンを返済することで車の保有ができる可能性があります。

自己破産の場合には車を保有するのはなかなか厳しいということがわかると思います。

債務整理で車を保有できるかは弁護士に相談

債務整理車弁護士相談

債務整理での車の取扱いについては上記を見て、かなり複雑だということが分かったのではないでしょうか。

車については任意整理、個人再生、自己破産という順番で残しやすさの難易度が違ってくることがわかると思います。

どうしても車を残したいような場合には、任意整理や個人再生を選択する必要があります。

自己破産の場合だと裁判所の判断で特例として車の保有を認めてもらわないといけないので、弁護士の力量が問われてきます。

そういった意味では債務整理に慣れている弁護士に依頼することが車保有の鍵にもなってくるので、しっかりとした弁護士に依頼することが大事になってきます。

当サイトでは債務整理慣れている弁護士事務所をいくつか載せているので、まずは無料相談を利用して債務整理について相談してはどうでしょうか。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-債務整理の種類と手続き

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士比較ランキング(借金返済問題解決) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.