初めての債務整理はこちら

借金の時効を期待した夜逃げと債務整理のタイミング

更新日:

債務整理によって借金を返済することは人生の中でも大きな変化をもたらす出来事ですが、人によって信用情報がブラックリストに残るということで、債務整理をせずに済まそうとする人がいますがそれはどうなのでしょうか?

信用情報がブラックリストに載らず借金の時効が迎えられるのならいいですが、実際はどうなのでしょうか?

借金整理の方法の債務整理にはいくつかの方法があって、いつもで申し込むことは可能です。また人によってはブラックリストに残るのを嫌って債務整理を行わずに、借金が膨らんでしまっている人もいます。

借金苦で夜逃げする人は実際にいる!

借金苦で夜逃げ

借金苦で夜逃げと聞くと、昔というイメージがある人もいるかもしれないですが、今でも借金苦で夜逃げする人は実際にいます。

借金苦というのはなかなか根深い問題で、返済できないとどんどん金利で借金が増えてしまってどうしようもなくなるというのが現実です。

実際に私の友人の知人にも借金で夜逃げして行方がわからないという人もいるので、意外と回りにそういった人がいても珍しくないかもしれないです。

ただ夜逃げすると住所不定になったりしてまともな生活が送れなくなるだけでなく、健康保険など色々な面を考えると、借金苦で夜逃げに成功してもつらい生活が待っていると思います。

そういった中で借金の時効を当てにして返済から逃げている人もいるかもしれいないですが、どの選択肢が一番正しいのでしょうか?

借金の時効を期待しての夜逃げは有効なのか?

2016y03m06d_145751572借金が膨大な額になっても債務整理をしないで借金が増え続けて返済できなくなると、通常は債権者は強制執行の手続きをとり、不動産や動産などの財産が差し押さえられてしまいます

ちなみに給与なども強制執行の対象になるのでやっかいです。

具体的には一定の差し押さえ禁止財産を除いて財産失い、給与等についても原則として4分の1が差し押さえられます。

とは言ってもこのような強制執行については財産がある人には効果的ですが、財産がない人の場合だと差し押さえるものがないので意味がないです。

そのためこのような財産がなく強制執行ができないような人の中には、借金時効が完成するまで返済せずにじっと耐えるという方法があります。

そのため夜逃げなどによって債務から逃れようという動きがあったのです。

しかし現在では時効中断手続きを取られることが多いので、時効成立を期待することはできなくなっています

そのため時効を期待して夜逃げなどをしても意味がないのです。借金が返せなくなったら債務整理を行って借金から逃れた方が現実的です。

債務整理のタイミングとは?

2016y01m25d_144432366債務整理はいつ行えばいいのかという話がよくありますが、基本的に借金で困っているのなら早めに行ったほうがいいです。

借金返済でどんどん借金が増えていくような状況なら利息が増える前にできるだけ早めに債務整理で返済の見通しを立てることが大事になってきます。

借りたお金は返すことが当たり前だと思っている人は多いですが、現実には返せないということで借金苦に陥っている人は多いです。

そういった人たちは何とかなるだろうと考えて日々を過ごしている傾向が強いです。ただ借金には利息があるので、できるだけ早めに債務整理を行ったほうが有利なのは間違いないです。

どんなに借金があっても最終的には自己破産という方法があり、借金をリセットできる手続きはあります。

大事なのはしっかりと借金整理後の生活について展望があるかどうかです。債務整理自体は専門家に任せてしまえば問題ないので、本人はまず借金整理後にどのように生活するか考えることが大事になってきます。

こういった借金の問題については債務整理に強い法律事務所などを無料相談を利用して話を聞いてもらってはどうでしょうか。

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.