債務整理法律事務所ランキング画像

任意整理の手続きと流れ

任意整理で返済が厳しくなったら再和解しよう

投稿日:

任意整理は借金を減額する債務整理では代表的な方法で、債務整理の中でも一番良く行われている債務整理方法です。

しかし任意整理で金融業者と和解した後で、経済的な事情の変化によって、任意整理後の条件での返済が困難になってしまうというのはありえることです。

実際に任意整理の分割返済期間は3年から5年が一般的だといわれているので、その間に仕事や会社の状況が変化して、給料が減ってしまったり、会社を退職してしまったということは誰にでも起こりえることだと思います。

では任意整理後に借金返済を滞らせてしまうとどのようなことになってしまうのでしょうか?

任意整理後に借金返済が滞るとどうなる?

任意整理後に借金返済が滞るとどうなる?画像

任意整理は借金をした債務者と金融業者などの債権者との合意によって行われるもので、金融業者からすると不利な返済条件を飲んでいるということです。

それでも返済が滞るとなると金融業者も容赦ない対応を取ってきます。

基本的に任意整理で債務整理をする際には、和解契約書に返済が滞った場合の規定を設けているのが普通なので、それに則した対応をしてきます。

具体的には「残債務の一括返済」を求められたり、裁判を起こされて財産の差し押さえが行われることも考えられます。

つまり返済が滞ると非常にやっかいなことになるので、返済が滞りそうになったら任意整理の再和解で返済の条件を変える必要があるということです。

間違っても放置するようなことはしないようにしましょう!

任意整理後の返済が苦しいなら再和解

任意整理後の返済が苦しいなら再和解

任意整理した後に借金返済が苦しくなってきたら早めに再和解を行うことをオススメします。

再和解は返済計画などの和解条件を改めて見直してから、和解するという手続き方法になります。

つまり簡単に言うと任意整理後に再度任意整理をやり直すような手続きだと思ってもらうと分かりやすいかもしれないですね。

任意整理の条件を変えることによって、新しい条件での借金返済を行うことになり、返済条件も緩くなるので、返済が楽になるということです。

とは言ってもそんな簡単に金融業者が再和解に応じるのでしょうか?

もし、簡単に金融業者が再和解に応じてくれるなら、再和解を繰り返せばそれだけどんどん返済条件が楽になっていくことにあります。

再和解に応じてくれない可能性もある

再和解に応じてくれない可能性もある

任意整理の再和解などについては、金融業者のほうでは最初の任意整理の時点でかなり緩和した条件で和解しているので、再和解は難しいと考える業者も少なくないです。

金融業者からしたら、せっかく合意した任意整理の条件について「やはり払えないから条件を変えて欲しい」というのは虫が良すぎると感じるのも無理のない話です。

そのため業者の立場で考えると簡単には応じられないというのは理解できます。

そういった意味でも、再和解は当初の任意整理よりも応じてくれる可能性が低いと思ったほうがいいのは間違いないことです。

また一度返済を不履行してしまうと再和解はさらに難しくなるので、返済できなくなる前に専門家に相談することが大事になります。

再和解は任意整理に強い法律事務所に任せよう

再和解は任意整理に強い法律事務所に任せよう画像

任意整理の再和解については任意整理に強い法律事務所に依頼するのが一番いい方法です。

任意整理自体は個人でも行うことができますが、再和解の場合には、普通の任意整理の交渉よりも難易度が非常に高いので、個人で交渉するのはまず不可能だと思ったほうがいいです。

そのため任意整理の再和解については任意整理に強い法律事務所に任せるのが一番いい方法です。

ちなみに最初の任意整理で法律事務所を通して任意整理している場合にはその法律事務所に依頼するといいです。

任意整理の再和解では交渉力が非常に大事になってくるので、専門家に任せた方が再和解の可能性が高くなるのは間違いないことです。

どうしても再和解に応じてくれない場合はどうする?

どうしても再和解に応じてくれない場合画像

任意整理後にどうしても返済が難しくなって、任意整理に強い法律事務所に再和解の依頼をしたとしても、相手業者が応じてくれないことはありえます。

相手が応じてくれないと返済条件が変わることはないので、どうしても返済が行き詰る可能性が高くなりますが、その場合にはどうすればいいのでしょうか?

もし相手が再和解に応じてくれない場合には、個人再生や自己破産などの別の債務整理方法を行うといいと思います。

債務整理の方法は任意整理だけではなく、他にも色々な方法があります。

個人再生なら家を残した状態でも債務整理することができますし、借金した理由が問われることもないです。

また自己破産してしまえば、借金そのものがゼロになります。

任意整理後に借金返済が厳しくなったら、まずは債務整理に強い法律事務所に相談するようにするといいです。

そこで再和解したほうがいいのか、個人再生がいいのか、自己破産がいいのか現在の経済状況を相談して、専門家とどの方法がいいのか話し合ってみるといいと思います。

当サイトでは債務整理に強い法律事務所について掲載しているので悩んでいるなら無料相談を利用して話をしてはどうでしょうか。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-任意整理の手続きと流れ

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士比較ランキング(借金返済問題解決) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.