任意整理ランキング

任意整理で和解できない場合はどうすればいい?

更新日:

任意整理は金融業者と交渉して、借金の返済条件を変更してもらうことで借金返済の負担を軽くするという債務整理方法です。

そのため金融業者との交渉によっては、和解できずに、任意整理の交渉が失敗してしまう可能性があります。

任意整理などの債務整理を行うと100%借金が減ると思っている人もいますが、金融業者と交渉で和解できないと借金が減ることはないです。

ではどのような場合に任意整理で和解できない事態が発生するのでしょうか?

任意整理で和解できないのはどのような場合?

任意整理で和解できない

任意整理の借金減額の和解交渉は、よほどのことが無い限りは成立することが多いです。

任意整理で和解できないというのはよほどのことがある場合が多いです。

任意整理で和解できない場合の原因についていくつか載せたので良かったら参考にしてください。

任意整理の手続きを自分でやっている場合

任意整理は弁護士や司法書士に依頼するのが普通ですが、個人でもやろうと思えば可能です。

そもそも債務整理は個人でやってはいけないという決まりはないので、可能であれば個人で手続きしてもかまいません。

しかし、任意整理を含めて債務整理の手続きは弁護士や司法書士に依頼するのが普通です。

任意整理の場合には、金融業者と交渉して返済条件を話し合うので、素人の個人が交渉しても相手にしてもらえず、和解交渉に失敗することが多いです。

普通に考えれば当然ですよね。借金している債務者がいきなり金融業者に「借金を減額して欲しい」と交渉しても応じるわけないです。

弁護士や司法書士が代わりに交渉するからこそ、相手も真面目に対応してくれるのです。

会社の方針で任意整理に応じない場合

弁護士や司法書士が任意整理の交渉を行っても、会社の方針で一切借金の減額に応じないという企業もあります。

こういった所は借金の貸倒も覚悟で返済条件の変更に応じてないので、結構面倒です。

そのため任意整理で裁判にまで発展しないように、こういった会社の借金はあらかじめ任意整理の対象から外しておくという対策も考えられます。

任意整理に慣れているような弁護士や司法書士なら、こういった任意整理に応じない金融業者についての情報は得ているので、相談してみるといいと思います。

取引状況が悪質な場合

取引状況が悪質な場合と聞いてもピンとこないひとも多いと思います。

具体的には、借金してから一度も返済してないような場合だったり、借入れをした理由が他社の借金返済のためというような場合です。

こういった取引状況で任意整理を申し込んだら、元々返済の意志がなかったのではないかと疑われてしまいます。

あまりに取引状況が悪質だと、任意整理に応じてくれないのはもちろんですが、裁判を起こされてしまう可能性があります。

弁護士や司法書士が交渉に失敗した場合

任意整理で債務整理をする場合に、多くの人が弁護士や司法書士に交渉を依頼すると思います。

その際にある程度の借金返済条件の見込みを立ててから交渉するのが普通です。

ただその返済条件が依頼者側に立ち過ぎて、支払い回数を多くしたり、借金の減額幅を大きくしたりして、金融業者のことを考えてない条件だと交渉に失敗する可能性があります。

弁護士や司法書士からすると依頼者に満足して欲しくて、良い返済条件を提示したくなりますが、金融業者が応じてくれないと意味がないです。

任意整理で和解できないと訴訟になる可能性がある

任意整理で和解できないと訴訟

任意整理で和解交渉に失敗すると、金融業者などの債権者から、借金返済の訴訟を起こされてしまう可能性があります

任意整理をするくらい借金返済に困っていることが金融業者に知られてしまっているので、金融業者は法的に借金を取り立てようと訴訟を起こしてきます。

司法書士に任意整理を依頼して訴訟を起こされてしまうと、司法書士には代理人の権利がないので、訴訟対応のために弁護士を雇う必要が出てきてしまいます。

ただ任意整理によって訴訟になることはそこまで多くないので、最悪の場合に訴訟もありえるということは頭に入れておきましょう。

和解が無理な場合は弁護士が任意整理を断ることもある

和解が無理な場合は弁護士が任意整理を断る

任意整理をする場合には弁護士や司法書士に依頼して手続きを行いますが、弁護士や司法書士が借金の状況や収入状況を見て、和解交渉しても無駄だと判断された場合には、弁護士の方で任意整理を断ることがあります。

具体的には毎月しっかりと返済できるような収入が無い場合や、3年から5年で借金が返済できないくらい借金額が大きいような場合です。

任意整理をしても、借金が返済できないと意味がないので、和解できたとしても返済が滞る可能性が高いような場合には、弁護士が任意整理を断ることもありえます。

任意整理で和解できなかった場合の対処方法

任意整理で和解できなかった場合の対処方法

任意整理で和解交渉に失敗して借金返済条件を変えることができなかった場合には、別の債務整理方法を行うというのが一般的な対処方法です。

任意整理は債務整理の中の一つの方法で、債務整理手続きは他にも「個人再生」や「自己破産」などの債務整理方法があります。

多くの金融業者が任意整理に応じるのは、「個人再生」や「自己破産」をされたくないからです。

借金の減額幅では「個人再生」や「自己破産」の方が圧倒的に任意整理よりも大きいので、金融業者からすると個人再生や自己破産されると大きな損になります。

そのため「個人再生や自己破産されるよりは任意整理の方がマシ」という理由で交渉に応じています。

このような背景があるので、任意整理に失敗したら個人再生や自己破産などの別の債務整理方法で対処するのが一番現実的だと思います。

任意整理で和解成功したいなら弁護士や司法書士選びは重要!

任意整理で和解成功

任意整理で和解できないと訴訟になる可能性があり、他の債務整理方法を検討する必要が出てくるので面倒です。

それなら和解できない状況を作らないことが非常に大事になってきます。

そこで一番重要になってくるのが、金融業者と交渉する弁護士や司法書士の選び方です。

任意整理は交渉が全てなので、任意整理で和解できるかどうかは交渉する弁護士や司法書士の手腕で決まります。

経験の浅い弁護士や司法書士に依頼するとそれだけ和解交渉に失敗する可能性が高くなるので注意が必要です。

当サイトでは任意整理での和解交渉の実績が豊富な弁護士や司法書士をいくつかピックアップしているので参考にしてはどうでしょうか。

メールや電話で気軽に無料相談できるようになっているので、任意整理を検討しているなら、気軽に問い合わせてみてはどうでしょうか。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-任意整理ランキング

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.