初めての債務整理はこちら

不動産投資の失敗による債務整理や自己破産

更新日:

不動産投資に失敗して莫大な借金ができてしまったというサラリーマンが増えているみたいですね。不動産投資は近年盛んになってきているので、興味のある人も増えているみたいですね。

とは言っても投資と呼ばれるものにはリスクがあります。失敗すると自己破産などの債務整理が必要な場合も出てきます。

低金利の時代では簡単にお金が借りられるということで不動産投資が盛んになっています。

確かに低金利の時代なのでお金を借りて投資をするというのは悪いことではないですが、みんなが同じ事を考えているということを知っておくといいです。

また、マイナス金利政策によって銀行などは低金利をエサにサラリーマンなどに大金を借りてもらってお金を運用したいと狙っているところも多いです。

不動産投資セミナーなどによって不動産投資をする人が増えている

不動産投資セミナーなどによって不動産投資不動産投資をすることは悪くないですが、こうした不動産投資セミナーはサラリーマンや公務員を対象にして結構良く行われています。

不動産は価値がゼロになるということはほとんどないので、安全な投資先だと思われていますが、それだけに色々なところで不動産投資が推奨されています。

こうした不動産投資セミナーによって、地方に一棟マンションを購入する人は意外と多いみたいです。

ただ場合によっては賃料収入が想定よりも少なく維持コストもかなりの金額になるので、投資に失敗したと気がづいた時にはどうしようもなくなっているということも少なくないです。

不動産投資などでは1億円などの物件が販売されるのが主流なので、失敗すると数千万円単位の借金になることも珍しいことではないです。

不動産が供給過多になって賃料収入が増えない

不動産が供給過多になって賃料収入が増えない低金利時代が長く続いているので、不動産投資は結構前からセミナーなどで頻繁に推奨されています。

とは言っても日本は人口がどんどん減っていく時代なのに、どんどんアパートやマンションを建設していっても、将来空室になるリスクは目に見えています。

不動産投資は悪いとは言いませんが、しっかりと失敗した場合のことも考えて行うようにすること大事になってきています。

不動産投資セミナーのようなところがきっかけでアパートやマンションを購入するような場合でも失敗する人はいます。

通常だとそういった物件に安易に銀行が融資することはないのですが、マイナス金利政策によって銀行が行員に営業での圧力をかけているところがあるみたいです。

不動産投資した本人が自己破産とか債務整理したら、融資した銀行が損害を被るので、そんな安易な投資は推奨しないのでは?と思う人もいると思います。

大手サラリーマンや公務員は簡単に自己破産や債務整理できない!

大手サラリーマンや公務員は簡単に自己破産や債務整理できない!不動産投資によって数千万円の借金を背負うことになってしまって、返済が難しくなってきてしまったら債務整理や自己破産をすることになってしまう可能性があります。

ただ大手企業のサラリーマンや公務員汚場合だと、自己破産などをしてしまうと、自分が持っている資産もすべて手放す必要があるので、安易に自己破産もできない場合があります。

大手のサラリーマンや公務員は収入がいいので資産をある程度持っている場合が多いです。

また大手企業だと自己破産や債務整理をしたことを会社に知られることを恐れて、頑張って不動産投資の借金を数十年かけて支払っていくという選択肢をするしかないということも珍しくないです。

そういった意味では、安易に自己破産されない大手企業のサラリーマンや公務員に不動産投資の名前で大金を融資するのは銀行からすると非常にメリットが大きいということになります。

不動産投資の失敗で借金やローンが払えない場合の対処方法

不動産投資の失敗でローンが払えない場合の対処方法

不動産投資に失敗してしまって借金やローンが払えないようなことになってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

借金やローンが払えないような場合には物件が差し押さえられる可能性があります。

物件が差し押さえられると、競売にかけられることになります。競売は相場の金額よりもかなり安い金額で売却されてしまうので、差し押さえられる前に任意売却するのが賢い選択です。

任意売却で不動産投資失敗のダメージをカバーする

任意売却は住宅ローンや借入金の返済が困難な場合に行われる救済措置になります。

競売による不動産売却によって市場よりも安い価格で買い叩かれることを避けるための取引ですね。

任意売却の業者などが債権者と債務者の間に入って調整を行って、債権者の合意を得て不動産を売却するという方法で、裁判所が介入しない分だけ、債権者にある程度の裁量がある手続きになります。

競売にかけられるよりはかなり債務負担が軽減されるので、任意売却はリスクヘッジのためにも頭の片隅においておくといいです。

債務整理によって残りの借金やローンを返済する

任意売却したとしても、まだ多額の借金が残るような場合もあります。

そういった場合には債務整理をして借金を返済して行くことになりますが、その際にどの債務整理方法がいいのかは、その人の状況によって違ってきます。

参照:債務整理の種類

資産がなくて自己破産をしたほうが有利な人もいれば、持ち家や大事な資産があるので自己破産できない人など、状況は様々です。

そのため不動産ローンが残っている場合には、債務整理の専門家に相談して、どういった債務整理方法が一番有利なのか話をするのがベストな選択です。

当サイトでは債務整理に慣れている法律事務所について載せているので、不動産投資の失敗による債務整理など、お金についての問題について無料相談をしてみてはどうでしょうか。

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.