消費者金融

セントラルの借金を債務整理【返済できない!】

セントラルは昭和48年創業の老舗の独立系消費者金融業者で都内を含めた関東近郊や岡山県、愛媛県、香川県、高知県などに店舗がある比較的大きな消費者金融になります。

プロミスやモビットなどのメガバンク系列の消費者金融業者を除外すれば、結構大きな部類に入る消費者金融業者で、グレーゾーン金利後もしっかりと生き残っている消費者金融の一つになります。

サービスもしっかりしており、即日融資が可能だったり、ネットから簡単に契約が可能だったり、セブン銀行ATMで利用できるCカードで返済・借入が可能など大手とそこまでそん色がないサービスも魅力です。

そんな老舗の消費者金融業者のセントラルなので、途中で返済できなくなって借金問題を抱えてしまっている方もいます。

セントラルからの借金が返済できなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?

セントラルからの借金を滞納するとどうなる?

セントラル借金滞納

セントラルに限ったことではなく、消費者金融を含めた貸金業者の多くは借金を滞納したら、それ相応の対応をするのは当然のことです。

とは言ってもセントラルは闇金ではないので強引な取り立てをするということはないです。

セントラルの借金を滞納すると具体的に下記のようなデメリットが生じると考えておくといいかと思います。

電話などによる借金返済の督促が行われる

セントラルの借金を滞納すると電話や自宅訪問などによる借金返済の督促が行われます。

これはセントラルに限ったことでなく、借金を滞納したら返済するように督促の電話が来るのは普通のことです。

ただお金が無い状況で借金返済の督促を受けると精神的に結構追い詰められるんですよね。

しかし電話などの督促があるくらいで何とか返済のめどが立つなら問題はないと思います。

督促の電話が来るような状況で返済の見込みがないなら、早めに対策を考える必要があります。

遅延損害金が発生する

借金を滞納すると当然ですが遅延損害金が発生することになります。

遅延損害金も大手の消費者金融や銀行でも滞納すれば普通に発生するものなので特別なものではないです。

ただセントラルなどの消費者金融は元々貸付利率が高めに設定されているので、遅延損害金の負担も大きいです。

ちなみにセントラルの遅延損害金の利率は年20.00%になります。これは大手の消費者金融も同じくらいなので、セントラルが特別高いということはないです。

しかし消費者金融は全般的に利息が高いので滞納すると遅延損害金で雪だるま式に借金が増える可能性があります。

滞納が続くと一括返済を迫られる

借金の督促などを行っても一向に借金が返済されないような状況になると、セントラルから一括返済を迫る通知が来るようになります。

これも一般的な消費者金融の借金督促の手順のようなもので特別なものではないです。

ただ借金返済できない状況で一括返済を求められても払えるわけはないので、ここまで来てしまうとかなりマズいと思ったほうがいいと思います。

最終的には強制執行による差し押さえ

セントラルから一括返済を求められても返済することができなかったら、最終的には裁判所から通知が来てしまい、資産や給料が強制執行によって差し押さえられてしまうことになります。

ちなみに借金を滞納している状況だと裁判で争っても勝ち目はないです。借金を滞納している事実は明白なので争っても勝てるわけはないですよね。

ただ一般的にはここまで状況が悪化する前に何か対策を講じるのが普通なので、強制執行まで追い込まれることは多くはないのではないかと思います。

借金を滞納して何もしないとこういうことになるというくらいに覚えておくといいと思います。

セントラルからの借金は債務整理で減額可能!

セントラル借金債務整理

セントラルからの借金を滞納し続けると最終的には強制執行になってしまい資産などが差し押さえられてしまうことになります。

そうなる前に対策を講じる必要があるのですが、友人や親などからお金を借りて借金を返済するという方法が一番に思い浮かぶかと思いますが、その借金が返済できないと今度は人間関係にヒビが入る可能性があるためおすすめできないです。

一番現実的な方法は債務整理手続きなのではないかと思います。

債務整理は借金を合法的に減額したり免除することができる手続き方法で、セントラルからの借金も整理することができるので、債務整理が一番の候補になる借金問題の解決方法なのではないかと思います。

そんな債務整理手続きには、任意整理、個人再生、自己破産という方法があり、人によって最適な債務整理方法は違ってくるので、それぞれセントラルからの借金を整理する場合に、どのような成果を期待できるのか解説しようと思います。

セントラルの借金を任意整理

セントラル任意整理

セントラルからの借金が返済できなくて債務整理手続きを検討する場合に一番の利用候補になるのが任意整理になります。

任意整理は借金の利息を免除したり、毎月の返済額を小さくするという債務整理方法で、弁護士や司法書士がセントラルと交渉して返済条件を変えてもらうという手続き方法で行います。

任意整理は他の債務整理方法とは違い裁判所で手続するわけではないので、手続き期間も短くて、資産の売却も必要ないことから、日常生活への影響が小さい債務整理方法です。

ただ借金を元本から大幅に減額することは難しいので、借金額が大きい方にはあまり向かない手続き方法です。

ただセントラルのような消費者金融系だと借金の利息が高いので、利息が免除されるだけで返済負担は結構軽くなります。借金額によって違ってきますが、セントラルの利息は実質年利4.80%~18.00%なので十分成果は期待できるのはないかと思います。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリット【初めての方にわかりやすく解説】

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

セントラルの借金を個人再生

セントラル個人再生

セントラルからの借金額が大きくなってしまって、任意整理では返済しきれないという状況になってしまったなら個人再生を検討するといいと思います。

セントラルからの借金は個人再生でも整理することができるので利用候補になってきます。

個人再生は裁判所で手続するという債務整理方法は、任意整理とは違って借金を元本から減額することができるので、借金額が大きくて利息免除では完済しきれない方におすすめです。

ただ手続きが複雑で面倒ということもあり、任意整理よりも依頼費用が高額になります。

そのため、借金額が小さいとあまり多きな成果を得られない可能性があります。どちらかというと借金額が大きくて、複数の金融業者などから借金のある多重債務者に強い手続き方法という感じですね。

ただ個人再生は全ての借金が債務整理対象になってしまうので、整理したくない借金もまとめて整理されてしまいます。

しかし住宅ローンに関しては住宅ローン特則を利用することによって、住宅ローンを除外して借金を整理することもできるので、家を残しながら大幅に借金を減らしたい時にも利用できます。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

セントラルの借金を自己破産

セントラル自己破産

セントラルからの借金が全く完済できる見込みがないようなケースなら自己破産を検討するといいと思います。

自己破産については名前くらいは聞いたことがある方も多いと思います。テレビとかでも流れていたりするので、何となく借金を整理できる手続きだということは知っている方も多いかと思います。

自己破産は裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めることによって借金返済の義務を免除するという手続き方法になります。

そのため仕事をクビになってしまったり、病気で働けなくなってしまったりなどとして無職無収入というような状況で、セントラルからの借金が返済できなくなってしまったとしても、自己破産すれば借金問題を解決することができます。

ただ自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産を没収されてしまうことになるので、こういった高額資産を持っている場合には生活に影響が出る可能性があります。

デメリットはありますが、セントラルを含めた借金額が大きすぎたり、収入がなくて返済の見込みがないなら十分検討する価値のある債務整理方法だと思います。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

債務整理後にセントラルから融資を受けることは可能?

債務整理後セントラル

債務整理後にセントラルから融資(借金)することが可能なのか気になっている方もいると思いますが、簡単に結論から言ってしまうと、債務整理後にすぐにセントラルから借金することは難しいです。

セントラルに限ったことではなく金融業者全般に言える事なのですが、債務整理すると信用情報がブラックリストに登録されてしまい、そのことによって債務整理したという情報が借入審査の際に知られてしまうことになり、審査に落ちて融資を受けられないということになります。

信用情報は借金の履歴のことで、信用情報機関を通じて共有される情報で、消費者金融や銀行、カード会社など金融関係の業者の多くが共有しており、セントラル以外の借入の際にも影響が出てきます。

この信用情報のブラックリストは5年から10年くらいは記録が残ってしまうので、その間は新たに借金することが難しいと思ったほうがいいです。

信用情報ブラックリスト
債務整理で信用情報がブラックになるデメリットを徹底解説

債務整理をすると消費者金融や銀行、信販会社などの金融業者から借金ができなくなってしまったり、ローンが組めなくなるというデメリットが発生します。 債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額しても ...

セントラルの借金を家族に内緒で整理する方法とは

セントラル家族に内緒

セントラルから家族に内緒で借金しているという方は少なくはないと思います。

小遣いが足りないけど、どうしても欲しいものがあったり、月末にお金がなくてやむなく借金してしまったなど色々な理由でお金を借りていると思います。

家族に内緒の借金でもバレずに完済できれば問題ないですが、金額が大きくなってしまって一人では完済しきれないという事になってしまったらどうでしょうか?

どうしても返済しきれないということなら家族に相談する方が多いと思いますが、そうなると家族からの信用はなくなってしまい、最悪の場合は離婚になる可能性があります。

そういった場合に債務整理で家族に内緒で借金を整理できないかという事です。

結論を言ってしまうと家庭環境や利用する債務整理方法によっては家族に内緒で債務整理することは可能です。

もしセントラルの借金を家族に秘密にしたまま整理したいということなら債務整理の利用と弁護士や司法書士の無料相談を利用するといいと思います。

家族や会社に秘密にして債務整理は可能?【内緒にしてバレない】

家族や会社に秘密にしている借金があって、この秘密の借金が返済しきれなくなってしまってどうすればいいのか悩んでいる方は多いです。 借金返済に行き詰ってしまった場合には最終的に債務整理が選択肢に入ってくる ...

セントラルを債務整理するなら無料相談

セントラル債務整理無料相談

セントラルからの借金が返済できなくなってしまって債務整理の利用を検討しているなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用するといいと思います。

債務整理などの借金整理案件に慣れている弁護士事務所や司法書士事務所なら、これまでに数多くの借金整理事例を担当してきているので、セントラルを含めた消費者金融からの借金問題には非常に慣れています。

そのため、あなたの収入や借金額、資産状況などによって適切なアドバイスをもらえると思います。

無料相談なら経済的な負担もないですし、気軽に相談することができるので便利です。また最近ではメールや電話でも気軽に無料相談できるので、隙間時間に相談することができます。

当サイトでは全国対応で債務整理や借金問題について無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話で気軽に借金問題を相談できる事務所を載せているので参考にしてください。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
アイフル
レイクアルサ
SMBCモビット
レイクアルサ

-消費者金融

© 2020 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2020年最新】 Powered by AFFINGER5