初めての債務整理はこちら

クラウドファンディングで借金返済は可能?【債務整理の必要性】

クラウドファンディングは近年よく話題になる言葉で、クラウドファンディングを利用して借金返済の負担を軽くすることはでないのかどうかを考えたことがある方もいるのではないでしょうか。

クラウドファンディングはネットなどの媒体で自分のやりたいことを発表して賛同してくれる方から広く資金を集めるという仕組みになります。

クラウドファンディングには「寄付型」「投資型」「融資型」「購入型」というものがあり、お金を集める際に資金を提供してくれた方へのリターン方法によって状のような感じにわかれます。

一般的には「投資型」という利益から配当という形でリターンを出す方法や、「融資型」という利子という形でリターンを提供するものが一般的です。

他にも「寄付型」という集めた資金についてリターンなしというクラウドファンディングも存在します。

クラウドファンディングで借金返済の資金の調達は難しい

クラウドファンディング借金返済

クラウドファンディングには上記のように色々な方法があるので、借金返済に利用することはできそうなのではないかと感じる方もいると思います。

ただクラウドファンディングを借金返済に利用するにあたっていくつかの問題点も存在します。

クラウドファンディングでの借金返済利用の問題

  • クラウドファンディングの審査に通らない
  • 手元にお金が入るまで数か月かかる
  • 炎上リスクがある
  • 目的の金額が集まるかは不透明

クラウドファンディングの審査に通らない

クラウドファンディングは基本的にインターネットのクラウドファンディングを仲介するサイトを利用して支援を呼びかけることになります。

しかし「借金返済」という理由でクラウドファンディングで募集をかけることを仲介サイトが審査で認めてくれるのかという問題があります。

一般的に考えて、「借金返済」という理由でクラウドファンディングで募集を認めると、サービスの質低下につながるのではないかと私は感じます。

借金返済で困っている方は多いので、クラウドファンディングの案件が「借金返済」ばかりになってしまったら、そのサービスを利用しなくなってします可能性があります。

そのため運営者側の考えで審査からはじかれる可能性は十分にあります。

手元にお金が入るまで数か月かかる

クラウドファンディングで資金を得ることができたら、すぐに口座に入金されると思っている方もいますが、実際には集まったお金が手元に入るまでには数か月以上かかるのが普通です。

当然ですがその間にも借金の取立ては続くことになり、すでに取立てがひっ迫している状況だと、手元にお金が入る前に強制執行によって資産や給料が差し押さえられてしまう可能性があります。

つまり仮にクラウドファンディングでお金が手に入ったとしても、手元にお金が手に入る間に、借金の利息などによってさらに返済負担が増えてしまって、結局は借金問題を解決できないという可能性もあるということです。

炎上リスクがある

クラウドファンディングでは真面目に事業資金を集めるために、事業計画などを作ってクラウドファンディングに挑んでいる方もいるので、そういった中で「借金返済」という理由でクラウドファンディングを利用する方への風当たりが厳しくなる可能性があるということは考える必要があります。

普通に考えて「借金返済できないので融資してください」とクラウドファンディングで訴えたら、単純に馬鹿にしているのではないかと思う方が大多数だと思います。

当然ですがそのような案件に対して「炎上リスク」が生じるのは無理のないことです。

「自分の借金は自分で返せ!他人を頼るな!」と思い、怒りを感じる方が出てくるのも当然だと思います。

目的の金額が集まるかは不透明

クラウドファンディングでは必ずしも目的の金額が集まるとは限らないので、利用したからといって、満足の行くお金を得ることができるかどうかはわかりません。

特に「借金返済」が目的のようなクラウドファンディングだと、投資対象としての魅力はほとんどないので、どの程度お金が集まるのか疑問です。

遊び半分でお金を出してくれる方もいると思いますが、借金が完済できるだけのお金が集まる可能性は高くないと思います。

こちらが提供するリターンによってはお金が集まる可能性もありますが、どのようなリターンが効果的なのかは不透明です。

クラウドファンディングには見返りが必要?

クラウドファンディング見返り

クラウドファンディングでは基本的にお金を得る代わりにリターンが必要になってくるので、借金返済でクラウドファンディングを利用する場合にはどのようにリターンを設定するかがポイントになってきます。

寄付型のクラウドファンディングもありますが、借金返済のために利用するクラウドファンディングで、寄付型でお金を集めようとしてもお金は集まらないと思います。

そのため借金返済でクラウドファンディングではお金を集めるなら、どのようなリターンを用意するかということがポイントになります。

ただ借金返済のためにクラウドファンディングを利用するなら、お金をかけたリターンは用意することは難しいと思うので、リターンの方法も限られてきます。

しかしアイデア次第ではお金をかけなくてもお金が集められる可能性はあります。また自分独自のスキルなどがあれば、それを利用してお金にすることも可能です。

とは言っても、手間をかけた分だけのリターンがあるかは不透明なので、正直言って借金返済で利用するにはあまりお勧めできないです。

現実的に借金を整理するなら債務整理が一番

クラウドファンディング債務整理方法

クラウドファンディングでお金が集まれば借金を減らすことができるかもしれないですが、成功する可能性は高くないと思います。

それよりは借金を法的に減額したり免除することができる債務整理手続きを利用するのが一番現実的な方法だと思います。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という方法があり、それぞれ借金返済の負担を軽くすることが可能です。

任意整理

任意整理は弁護士や司法書士などの法律の専門家が、金融業者などの債権者と交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらうという債務整理方法になります。

交渉によって借金返済の負担を軽くするという債務整理方法なので、家族や会社に秘密で借金を整理することが可能です。そのため家族や会社に内緒の借金があるという方にはおすすめの債務整理方法です。

ただ借金の減額幅はそこまで大きくないので、どちらかということそこまで借金額が大きくない方向けの債務整理方法と言えます。

債務整理方法の中では一番敷居が低く利用しやすい手続き方法だと思います。

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説
任意整理のメリットとデメリットをわかりやすく説明

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

個人再生

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、任意整理と比べると手間もお金もかかる債務整理方法ですが、借金の減額幅は任意整理よりも圧倒的に有利です。

個人再生は手続きが非常に複雑な債務整理方法で、弁護士などの専門家に手続きを依頼したとしても半年くらい手続き期間が必要になる可能性があります。

ただ借金の減額幅は大きく、借金額や資産状況によっては借金が最大で10分の1まで減らせる可能性があります。

そういった意味では個人再生は借金額が大きい方向けの債務整理方法だと思ってもらうといいです。

個人再生のメリットとデメリットをわかりやすく解説

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法でメリットの大きい債務整理方法ですが、一方で複数のデメリットもある債務整理方法です。 個人再生の特徴をしっかりとつかむためには、個人再生手続きでのメリットやデ ...

自己破産

自己破産も裁判所で手続する債務整理方法で、名前くらいは聞いたことがあるという方もいいのでしょうか。

自己破産は裁判所から免責を受けることができれば借金返済の義務がなくなるという強力な債務整理方法です。

高額資産が没収されるというデメリットはありますが、借金で持ち家や自動車などの高額資産がないという方なら、手続きしても失うものは少ないです。

無職で収入がなく、借金返済の見込みがない方の場合だと最終手段になる債務整理方法です。

自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

債務整理とクラウドファンディングの違い

債務整理クラウドファンディング違い

クラウドファンディングはお金を作って借金を返済するという方法で利用することになり、債務整理は法的に借金を減額したり免除するという方法になります。

どちらも成功すれば借金返済の負担は小さくなりますが、クラウドファンディングだとどの程度のお金が手に入るか不透明なので、クラウドファンディングとも残った借金を返済していくことが必要な場合もあります。

債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼するのが一般的で、依頼費用は必要ですが、ある程度の返済負担軽減幅は見通せるので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

個人的には借金返済を真剣に考えているなら、しっかりと返済の見通しを立てることができる債務整理を利用したほうがいいと考えます。

まとめ

債務整理クラウドファンディングまとめ

クラウドファンディングは上手くすれば大きなお金を集められるかもしれないですが、借金返済という理由でどの程度お金が集まるかは不透明です。

また出資者へのリターンなども考える必要があり、事前にある程度勉強しておかないと期待外れの結果になる可能性も十分に考えられます。

返済にある程度余裕があって遊びでクラウドファンディングを利用するということならやってみる価値はあるかもしれないですが、返済に切羽詰まっている状況ならやめておいた方がいいです。

返済に行き詰っているようなら、早めに弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討するといいと思います。

当サイトでは借金問題や債務整理に関する無料相談をやっている弁護士や司法書士を載せており、載せている事務所はメールや電話で気軽に無料相談できるようになっているので、空いている時間に気軽に相談することができます。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金
個人間の借金
連帯保証人

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.