自己破産ランキング

自己破産の免責許可の手続きと流れ

更新日:

自己破産の免責許可の手続きと流れは自己破産を検討しているなら把握しておきたいところです。

自己破産で非常に大事なのは免責許可を得ることにあります。

免責を得ないと借金がなくならなかったりするので非常に大事な手続きになります。そんな自己破産の免責手続きの流れについて説明しています。

自己破産の免責許可の手続きは免責許可の申立から始まります。

自己破産の免責手続きの流れは、大まかに説明すると、免責許可の申立てから裁判所の破産管財人・破産債権者の意見申述、裁判所や破産管財人による調査、免責審尋を行って免責許可の決定へと進めます。

一見してみると非常に手続きが面倒見えますが、そうでもないです。

自己破産の免責手続きの方法や費用について下記で説明しているので参考にして見てはどうでしょうか。

自己破産の免責許可の手続きは意外と簡単

2016y02m09d_152038655免責許可の申立ですが、これは債務者が自己破産する場合には破産手続き開始の申立てと同時に「免責許可の申立」をしたものとみなされますので、新たに「免責許可の申立」を行う必要はないです。

破産手続き開始の申立の際に、免責許可の申立をしない旨の意思表示をした場合、あるいは債務者による破産申立の場合には、破産手続き開始の申立があった日から破産手続開始の決定が確定した日以後1ヶ月以内に、免責許可の申立をしなければなりません。

基本的に自己破産の手続きをする際には、免責許可の申立をしないということはほとんどないと思うので、この部分はまり気にしなくてもいいと思います。

自己破産の免責許可申立ての費用や料金は?

2016y02m09d_152108295自己破産の免責許可の申立の際に費用が料金がどれくらいかかるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

破産手続き開始において免責許可の申立てをしたものとみなされる場合には、その際に免責手続きの費用も含めて納付していますので、新たに費用を納付する必要はないです。

ちなみに自己破産の免責許可申立ての費用は下記になります。

自己破産の免責許可申立て費用

収入印紙(500円)

予納金

予納郵券(郵便切手)

予納金と予納郵券については裁判所によって金額が違ってくるので各々で確認してみてください。

ちなみに東京地裁では同時廃止の場合なら、新たに予納金や予納郵券を納める必要はないです。

このように裁判所によっては予納金等が必要ないケースもあるので窓口で聞いてみるといいです。

自己破産の免責許可は裁判所が決める

2016y02m09d_152146618自己破産の免責手続きでは裁判所が破産者を免責するのかどうか本人を審尋して、公告をして破産債権者の意見申述の機会も設けられます。

そして裁判所は審理の結果として破産者に免責不許可事由がない場合に免責許可が決定されます。

ちなみに免責不許可事由があった場合でも、裁判官の裁量によって免責許可が決定されることもあります。この辺りは融通が利くみたいですね。

自己破産の手続きでは財産がある場合には、免責許可が出るまでに時間がかかりますが、財産がないような場合で同時廃止になった場合にはある程度早めに決定がされるので覚えておきましょう。

自己破産の手続きについては裁判所や債権者との絡みがあるので個人で行うのはハードルが高いです。

そのため自己破産の手続きと免責を得るためには、債務整理に強い法律事務所に依頼するのが一番確実な方法です。

法律事務所では無料相談も行っているので一度相談してみるといいと思います。

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理で借金返済の負担を減らしたいけど、依頼費用がなくて諦めてしまっている方もいますが、債務整理はお金がない方の手続き方法なので、手元にまったくお金がない人や無職の方でも手続きは可能です。まずは依頼費用を含めて無料相談で弁護士や司法書士に相談してみましょう。
債務整理が得意な弁護士や司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理無料相談ボタン

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資
教育ローン
自動車ローン
転職・就職
詐欺被害
病気・ケガ
家賃滞納
遅延損害金(延滞利息)
医療費(入院費・通院費)
公共料金
税金

-自己破産ランキング

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.