債務整理法律事務所ランキング画像

奨学金滞納の返済方法

奨学金で自己破産する前に連帯保証人に迷惑かけない方法

投稿日:

奨学金の返済で若い人達が苦しんでいるというのはニュースでも頻繁に報道されていることなので知っている人も多いと思います。

昔はこういった奨学金返済のことは話題にならなかったのですが、近年は大学の授業料が高額化していることと、親の収入が減少しているので奨学金に頼る学生が増えています。

そうした中で奨学金が払えないような状況になった場合に自己破産を検討する人も少なくないという現実があります。

ではそもそも奨学金は自己破産をすることでゼロにすることができるのでしょうか?

奨学金は自己破産すると返済する必要がない?

奨学金は自己破産すると返済する必要がない画像

奨学金返済で苦しんでいる人にとって気になるのが、奨学金返済ができなくなった場合に、自己破産すると奨学金の借金がゼロになるのかということです。

自己破産するとすべての借金が帳消しになって0円になるというのは良く知られていることですが、税金などについては免除されないので、奨学金の取扱いがそれに準ずるのではないかと思っている人も少なくないです。

民間の借金なら帳消しになるというのはわかりますが、日本学生支援機構などの団体などからの奨学金について適用されるのか心配という人も多いです。

しかし奨学金は税金とは違うので、自己破産することによって奨学金の借金は0円になり返済の必要はなくなります

それなら奨学金返済で困ったらすぐに自己破産すればいいのでは?

と思う人もいますが、実際にはそんなに簡単ではないんですよね。

奨学金には連帯保証人が設定されている

奨学金には連帯保証人が設定されている画像

奨学金の厄介な所は連帯保証人が設定されているということなんですよね。

基本的に日本の奨学金制度って無利子タイプ有利子タイプの2種類があるのですが、基本的に多くの人は有利子タイプの奨学金を借りていると思います。

近年は大学の学費が高額化しているので、有利子タイプの奨学金を借りていると、奨学金という名の借金が卒業する頃には500万円以上になっていることも珍しくないです。

これにさらに利子を支払う必要があるので結構な金額になります。

こういった奨学金には連帯保証人が設定されており、学生が返済できなくなったら、その保証人に返済の責任が来るという仕組みになります。

奨学金を運営している日本学生支援機構としては貸倒を防止するためなので、連帯保証人の設定は仕方ないことですが、利子が結構高いので、40歳を過ぎても奨学金を返済している人も少なくないです。

連帯保証人の制度によって借金が払えない人が自己破産できないという現実があります。

そんな保証人制度ですが、保証人には連帯保証人と保証人の2種類があるのをご存知でしょうか?

それぞれ責任の重みに違いがあるんです。

連帯保証人について

連帯保証人はお金を借りた人の借金を保証するという意味になっており、自分の借金ではなくても借りた人と同等の責任を負う仕組みになっています。

よく連帯保証人は怖いと言われますが、こういった定義だと知ると確かに怖いですよね。

奨学金の場合を含めて、基本的に借りている本人が返済している間は問題ないのですが、借りている本人が返済できなくなったら連帯保証人が返済を迫られることになるので、連帯保証人に迷惑がかかります。

奨学金の場合だと親が連帯保証人になっているケースが多いと思います。

こうしたことを考慮すると安易に自己破産できないのもうなずけますよね。

保証人について

保証人は連帯保証人よりは責任が軽くなったもので、借金をした本人が支払うことができなくなって、借金の取立の催促が来たとしても「本人や連帯保証人に請求してください」と断ることができます。

こうして見るとそこまでリスクがないのではないか?とおもうかもしれないですが、借金した本人や連帯保証人が自己破産してしまったりして、返済できなくなったら、保証人にも返済義務が生じるようになります。

保証人については親族の誰かがなっていることが多いと思います。

このような感じで奨学金についてはなかなか簡単に自己破産できないような仕組みになっているんですよね。

ではどうしても払えない場合はどうすればいいのでしょうか?

任意整理で奨学金以外の借金を整理する方法もある

任意整理で奨学金以外の借金を整理する方法もある画像

どうしても奨学金を返済できないという人で、連帯保証人や保証人に迷惑をかけられないと追い詰められている人は、おそらく奨学金以外の借金もあるのではないでしょうか?

実際に奨学金を消費者金融などから借りて返済しているしている人も少なくないです。

奨学金そのものを任意整理で処理してしまうと、連帯保証人に迷惑がかかりますが、奨学金を消費者金融などで返済してできた借金については、その消費者金融から借りる際に連帯保証人を付けてない場合なら、任意整理で処理しても奨学金の連帯保証人に迷惑はかからないのです。

任意整理は他の債務整理方法とは違って、借金軽減する借金を選ぶことができるので、連帯保証人が設定されている奨学金以外の借金を整理することができます。

つまり奨学金以外の借金を整理してしまって、その分だけ奨学金返済の負担が楽になるということです。

この方法なら連帯保証人に迷惑をかけずに返済が楽になります。

どうしても払えない場合は自己破産を相談

どうしても払えない場合は自己破産を相談画像

上記のように任意整理を利用した債務整理でも返済が難しいような場合には、自己破産を検討する必要があります。

連帯保証人や保証人と相談して、どうするか話合って、どちらかに奨学金を払ってもらって、その金額を連帯保証人や保証人に払ってもらうということも考えられます。

連帯保証人や保証人に奨学金を払ってもらって、それを返済していくだけでも利息がなくなる分だけ結構返済が楽になったりします

とは言ってもやはり連帯保証人や保証人に迷惑がかかるのは間違いないです。

また連帯保証人や保証人にも経済的な余裕がない場合には、本人と連帯保証人と保証人が自己破産して奨学金をゼロにするという最終手段になります。

まあ、これは本当に本当の最終手段なので、その前に一度専門家に相談するといいです。

奨学金が返済できないなら専門家に相談しよう

奨学金が返済できないなら専門家に相談しよう画像

奨学金返済問題についてはニュースでも話題になっているくらいなので、債務整理弁護士などの専門家は多くの人が同様の事例を扱っています。

奨学金の返済事情については個人によって異なってくるので、どの方法が一番負担軽減に繋がるかは人によって違ってきます

そのため自分で判断せずに専門家に相談するようにするといいと思います。

こういった奨学金返済問題を含めて、借金問題について無料相談を受け付けている法律事務所について当サイトではいくつかオススメの弁護士事務所を載せているので参考にしてください。

一人で無理するよりはまずは専門家に相談してどうするのがベストなのかアドバスを貰ってから行動するといいです。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1
債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2
任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3
個人再生とは?メリットとデメリットを解説

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4
特定調停のメリットとデメリットと費用とは

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5
自己破産のメリットとデメリットとは

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-奨学金滞納の返済方法

Copyright© 債務整理・借金問題を解決する方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.