債務整理の種類と手続き

債務整理後に融資などでお金を借りれるのか

投稿日:

債務整理法律事務所ランキング画像

債務整理後に融資や借金などによってお金を借りれるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

債務整理をすると借金を減額させたり免責させることが可能ですが、その後でどのような影響があるのか気になっている人も多いと思います。

債務整理をすると借金や融資などを金融業者にお願いした際に断られる場合が多いです。

ではどういった理由で借金や融資でお金を借りることができなくなるのでしょうか?

債務整理後に融資を借金ができなくなる理由

債務整理後に融資を借金ができなくなる理由画像

債務整理後に融資や借金を申し込んでも断られることが多いです。

普通に考えれば当然ですよね。

債務整理によって金融業者などからの借金を法的に減額してもらったり免責してもらったりして踏み倒しているわけでなので、そういった状況でお金を借りれるわけはないです。

しかし債務整理をした当事者の金融機関から借金や融資を受けられないのは無理のない話しですが、それ以外の金融機関がどうして債務整理の事実を知っているのか疑問に思ったことはないですか?

債務整理の信用情報はブラックリストで共有されてる

債務整理をすると、その人の信用情報がブラックリストに掲載されます。

借金を減額させたり免責させたりした人ということで、金融業者間で事故案件としてデータベースで共有されるということです。

金融業者はお金を貸したり融資をする際に、この信用情報のデータベースを確認してブラックリストに掲載されてないか確認してからお金を貸します。

そのため債務整理した当事者の金融機関も、債務整理した人の情報を知ることができるというわけです。

こうしたことからクレジットカードを利用できなくなったりローンを組めなくなったりする事態が起こるわけです。

債務整理後に借金や融資を受けられない期間とは

債務整理後に借金や融資を受けられない期間画像

債務整理後は上記のように信用情報がブラックリストで共有されているので融資を受けたり借金することが難しくなります。

しかしだからといってずっとお金が借りられなくなったり、融資を受けられなくなったり、クレジットカードが使えなくなったり、ローンが組めなくなったりするわけではないです。

借金や融資を受けられないのは期間限定

債務整理の方法によって違ってきますが、借金や融資を受けられない期間は最短で5年最長で10年と考えておくといいです。

任意整理の場合だと最短で5年、自己破産の場合だと最長で10年くらいの期間をみておくといいです。

こういった期間があることによって、借金が当たり前の生活から抜け出すきっかけにもなるので、この期間を利用して借金をしない生活へ立て直すきっかけにするといいです。

とは言っても、それでもどうしてもお金が必要になる可能性があります。

その場合にはどういった所からお金を借りれるのでしょうか?

債務整理後にお金を借りれる金融機関はどこか?

債務整理後にお金を借りれる金融機関画像

債務整理後に借りれる金融機関を探す際には、大手の金融機関は借金や融資を求めても無理なのでやめておきましょう。

そもそも大手の金融機関の場合だと、借金や融資の審査をコンピューターで自動で行っている所が多く、信用情報がブラックリストに掲載されている場合には自動で審査に落ちるようになっています。

大手の金融機関では審査が効率的なのはもちろんですが、借金や融資の申込みも多いので無理してブラックリスト掲載者にお金を貸す必要がないということです。

そのため債務整理後にお金を借りるために選ぶべき金融機関は中小の金融業者になります。

中小の金融機関の中でも信用情報だけでなく現時点の収入や勤務先を含めて総合的に判断してくれるような金融業者なら借りれる可能性があります。

ヤミ金の可能性もあるので注意しよう

債務整理後に借金できたり融資を受けられるところは審査が柔軟な金融業者か、ヤミ金業者になります。

審査が柔軟な金融業者ならいいですが、場合によってはヤミ金業者である可能性もあるので注意が必要です。

実際に債務整理後のようなお金を借りるのが困難な人を相手にお金を貸し付けるヤミ金業者は多く、そこで法外な利息を取立てて違法な取立てをして家や会社にまでやってきます。

普通の金融機関は最低でも5年間はお金を貸してくれないものなので、貸してくれるような金融機関があったとしても、その金融機関がヤミ金でないかどうかはしっかりと確認しておくといいです。

債務整理後にまた借金や融資が必要な場合

債務整理後にまた借金や融資が必要な場合画像

債務整理後に借金をしたくなくても借金が必要な場面はあります。

債務整理後に借金をする場合で多いのが、債務整理後の借金返済に行き詰ってしまったようなケースになります。

自己破産の場合なら借金は免責されるので、借金返済のために借金をする必要はないです。

しかし任意整理や個人再生の場合には借金を減額することはできますが、全額免責されることはないので、債務整理後も残った借金を返済していく必要があります。

そこで残った借金を返済しているような時に、会社から解雇されたり、会社が潰れてしまったりして返済ができなくなってしまうことも考えられます。

このような場合に借金返済のために借金をしてしまう可能性があります。

債務整理後に借金を滞納するとどうなる?

債務整理後に借金を滞納画像

債務整理後に借金を滞納すると厄介なことになります。

せっかく債務整理で合意した返済条件での、借金返済を滞納すると、それまで合意した返済条件が無効になってしまいます。

債務整理後に滞納すると一括返済を求められる

債務整理後に借金を滞納すると借金の一括返済を求められてしまいます。

ただいきなり一括返済が求められるわけではなく、2ヶ月間借金を滞納した場合になります。

つまり滞納した時点で残っている借金を一括で返済するように求められるだけでなく、遅延損害金も加えられて返済を求められるので借金額が増えた状態で返済を求められてしまいます。

こうしたことを知っている人は債務整理後に返済が滞ることを恐れて借金をしてしまうのですが、ほかに方法はないのでしょうか?

債務整理後に借金を滞納しそうになった場合の対処法

債務整理後に借金を滞納しそうになった画像

債務整理後に借金を滞納すると上記のように非常に面倒なことになりますが、だからといって借金返済のために借金をしたのでは意味がないです。

むしろ債務整理をしている分だけ、お金を貸してくれる業者を探すのも難しくなるので現実的ではないです。

そのためもしも債務整理後に借金を滞納しそうになったら、できるだけ早く債務整理に行った弁護士事務所に相談するようにしましょう。

債務整理後に滞納する前に担当弁護士に相談すれば、解決方法を提示してくれます。

再和解で返済条件を見直す

任意整理後に借金を滞納しそうになったら、弁護士が再度金融機関と交渉して返済条件を今よりも楽にするような条件で交渉してもらう再和解という方法があります。

再和解して合意すれば、現在よりも返済条件が楽になるので、借金滞納をせずに、借金を返済することが可能になります。

別の債務整理を方法を行う

再和解で返済条件を見直しても返済が難しいようなら、自己破産などの別の債務整理を方法を検討することになります。

任意整理や個人再生などの債務整理を行ったからといって、自己破産ができないわけではないです。

このように債務整理後に滞納する危険性があったとしても、弁護士に相談すれば対応策はあります

債務整理後に借金や融資が必要な状況に追い込まれそうになったら、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。

当サイトでは債務整理後のアフターケアもしっかりとしている無料相談も可能な弁護士事務所をいくつかピックアップしているので参考にしてください。

ピックアップ記事

債務整理のデメリットとメリットを知って弁護士に無料相談 1

債務整理を行うことを検討している人も多いと思いますが、その際にしっかりと知っておく必要があるのが債務整理のメリットとデメリットになります。 債務整理については借金を減額したり、利息を帳消しにしたりなど ...

任意整理のメリットとデメリットを具体的に解説 2

借金返済で行き詰ってしまった場合に、一番手軽に行える債務整理方法として任意整理を検討している人も多いのではないでしょうか。 任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、任意整理を行う前 ...

3

債務整理の方法の一つとして個人再生や民事再生という方法があります。 よく企業が倒産する際に「民事再生法を適用しました」というニュースが出たりすると思いますが、具体的に個人再生や民事再生とはどのような債 ...

4

特定調停の借金整理方法のメリットとデメリットと費用について気になっている人も多いのではないでしょうか。特定調停では簡易裁判所の調停委員会(裁判官1名、調停委員2名)が調停に当たります。 近年では行って ...

5

自己破産すると借金が免除されるので非常にメリットが大きい手続きですが、そんな自己破産にもデメリットは存在します。 大きなメリットがある自己破産なので当然デメリットもあるというのは理解しておきましょう。 ...

-債務整理の種類と手続き

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士比較ランキング(借金返済問題解決) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.