初めての債務整理はこちら

借金を早く返す方法なら債務整理の相談

更新日:

借金を早く返す方法について知りたい人は多いです。多くの人は何らかの借金を背負っているものです。

多くの人は仕事をして家のローンを返済したりやりくりを行っていますが、どうしても借金が返済できないことがあります。

そういった時に借金を早く返す方法が債務整理になります。

昭和57年くらいから58年にサラ金パニックというものがあり、自殺者が出てしまって悲劇が相次いだという歴史があります。

そこから貸金業規正法が誕生して、金利等や取立に対する規制が行われて、一時期は自己破産の件数も減少しました。

ただ平成2年にバブルが崩壊してそこから長引く布教によって、平成15年には自己破産件数は約24万2000件を記録しました。

こうした仲で金利を低くしたり、取り立て規制を強化することによって平成23年の自己破産件数は約10万件まで減少しています。

債務整理の件数もやはり景気に左右される部分があり、基本的には借金が多くなって返済できなくなって債務整理をするということと、借金の取立が厳しくそれを逃れるために債務整理するという原因が多いようです。

借金を早く返す方法というよりは別の意味合いで債務整理を利用している人が多かったようですね。

債務整理が遅れて借金が減らないケースもある

2016y01m30d_155614670昨今は取立規制の影響で業者の取立が緩くなっていますが、それによって債務整理が遅れてさらに借金が増えてしまっているというケースが結構あるみたいです。

借金を早く返す方法についてあまり真剣に考えないまま過ごしている人も多いです。

数年前から過払い金返還請求によって、多くの人が借金整理をしていますが、この過払い金の元本への充当や返還請求は一度限りなので今後は活用できることはないと思います。

借金を早く返す方法としては多用できる方法でないことは理解しておきましょう。

近年は借金せずに暮らしていくのは難しい状況になっており、貸金業法は改正によって原則として年収の3分の1までを借り入れ限度額とする総量規制が設けられました。

ただ銀行などからの借入れには適用されないとされています。

さらに格差社会になって低所得者層が増加しており、こういた状況下ではいつまた借金パニックが起こるかわからない状況です。

債務整理を前向きに考えることが大事

2016y01m30d_155234836借金が膨大になってしまって債務整理で借金整理を行って再出発するというのはどちらかというと後ろ向きな発想で、意外と多くの人が債務整理後のことは考えてない場合が多いです。

しかし債務整理後に何も考えてないようだと、再び生活苦に陥る人も出てくると思います。

そのため債務整理を行うのは将来により良い生活を送るためだと言う考え方をもつようにしましょう。

債務整理によって借金を早く返すことができるとポジティブに考えるといいです。

ちなみに個人事業者で多額の借金があるとなかなか金融機関も融資をしてくれないです。

そこで自己破産をして財産を吐き出して裸一貫で出直すということも考えられるのではないでしょうか。

債務整理や自己破産を行う際にも将来を見通す展望は持つようにするといいです。

さらに人生には結婚や子供の出生、定年などの節目があります。こうした時々において借金の整理を含めた見直しを行うことは非常に大事なことです。

正直言って債務整理自体は弁護士などの専門家に任せればいいので何の問題もないです。それよりも債務整理後の生活をどうするかが問題になってきます。

そういった債務整理や債務整理後について相談するなら、債務整理に強い弁護士事務所に相談するといいです。

当サイトでは債務整理に強い弁護士事務所で、全国対応の初回相談無料の事務所を載せているので債務整理弁護士の参考にして見てください。

債務整理方法から選ぶ

任意整理
個人再生

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
着手金無料
債務整理女性専用

借金の原因や理由から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
無職退職
養育費慰謝料
母子家庭
パチンコ・パチスロ
株取引・FX
闇金
奨学金
不動産投資

-初めての債務整理はこちら

Copyright© 債務整理おすすめ弁護士・司法書士ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.